2位に浮上した小平!今季初勝利を狙う(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ダイヤモンドカップゴルフ 3日目◇26日◇大利根CC 西コース(7,101ヤード・パー70)>
 『アジアパシフィックオープン ダイヤモンドカップゴルフ』3日目のベストスコアとなる“66”を叩き出し、2位タイに浮上した小平智。「合格点」というラウンドで今季初優勝へ向け、最終日最終組の座を手に入れた。
ここまでの国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 晴れ模様の3日目だったが、昨晩の雨の影響でグリーンが柔らかくなり、かつ砲台グリーンのため、手前に落とせばバックスピンでボールが戻される難しいコンディション。
 石川遼が「9番アイアンで7〜8m戻されたときはびっくりした」と話すなど、多くの選手が苦しめられた状況だったが、小平は「サンドウェッジのフルショットする距離に落とさないように」とマネジメント。もともと「難しいコースセッティング状況のほうが集中できる。自分に向いている」と18ホールいい緊張感を保ったまま、順調にスコアを伸ばした。
 前半に2つ伸ばすと、後半12番から連続バーディ。「1つだけあった3パットはもったいなかったですけど」と振り返った14番で初ボギーを叩くも、最終18番パー5ではセカンド残り270ヤードを3Wで一閃しイーグルチャンスを演出。決め切れなかったもののきっちりバーディを奪い、トータル5アンダーとした。
 小平は今季『関西オープン』直前に首痛の影響で欠場するなど、序盤に体調面に不安を抱えてきたがここまで出場した試合では予選落ちはゼロ(『フジサンケイ』の棄権は除く)。「予選落ちがないのは自信になっています」というが、それだけに優勝がないことにもどかしさも感じているという。2013年『日本ゴルフツアー選手権』、2014年『ダンロップ・スリクソン福島オープン』と初優勝から2年連続優勝を果たしているだけに、今季勝てていないことにはあせりはあるだろう。
 3日目を終えて2位タイは今季最高位。「明日は前半9ホールは優勝への準備で、バックナインに猛チャージをかけます」。絶好のチャンスは逃さない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>