家事サービス販売「カジタク」の里見陵さん

写真拡大

 昨今、イオンやピーコックなど、大手スーパーの店頭に、『カジタク』のパッケージがズラリと並んでいる。宅配クリーニング、お風呂やレンジフードの掃除など、家事サービスをあえて箱に入れて売ることで、累計約32万個と販売数をどんどん伸ばしているのだ。

 カジタク執行役員家事支援事業本部担当・里見陵さんは人気に火がついた背景をこう語る。

「もともとはチラシだけのご案内だったのですが、ある小売店の人から“箱に入れたら店頭で売りやすい”とアドバイスをされて。最初は、スーパーの商品と比べて単価が高いので、どうせ売れないだろうという意見も。しかし、箱に入れて店頭に置いたところ、安心感が増して買いやすいと大ヒット! 特に忙しく働く女性が興味をもって買ってくれます」

 いちばん売れているのは保管付宅配クリーニング。箱の中に入っている回収袋に衣類を入れて、宅配会社に渡すだけ。袋は6点、10点、15点から選べ、1着約864円〜という安さで、最長9か月間保管もしてくれる。

「今は全国約3500店舗で販売中。今年5月の衣替えの季節には、イオンのネットスーパーで、1位になりました!」(里見さん)

※女性セブン2015年10月8日号