歯や歯茎のケアって案外おろそかになりがちではないでしょうか。でも虫歯や歯周病が原因で、入れ歯や差し歯、インプラントになってしまっては、もっとケアが面倒になり食事も楽しめなくなります。そうなってから後悔しても手遅れです。歯のトラブルが起きる前に歯間ブラシを使う習慣を身につけ、自分の歯を守りましょう。

歯ブラシでは落ちない汚れがたくさん

歯ブラシも進化していますが、たとえ音波を使った電動歯ブラシでも歯間の汚れまでは取りきれません。歯がツルツルになって気持ちが良いのですが、その後にフロスや歯間ブラシを使うと意外と汚れが出てきて驚くことも。歯科でも歯ブラシと歯間ブラシの使用で85%のプラーク(歯垢)が落とせると勧めています。残りはどうしても防ぎきれない汚れや、きちんと歯磨きしていても蓄積されていく歯石(歯垢とは違う)の除去を定期的に歯科で行うことで健康な歯を維持できるのです。

歯と歯の隙間に虫歯はできやすい

歯茎が炎症を起こしていると気付かないうちに腫れて歯と歯の隙間が少なくなります。実際は歯と歯の隙間はわずかに開いているもの。しかしここに汚れが溜まると隙間が見えなくなって歯茎の炎症が起きても気付きにくくなるのです。そしてこの隙間は一番虫歯になりやすい箇所。汚れが溜まりやすいうえに歯のエナメル質が少ないからです。虫歯になっても気付きにくく、気付いた時には虫歯が進んでいたなんてこともあります。歯と歯の隙間はとても大切だからこそ、歯科医も歯間ブラシを勧めるのです。

正しい選び方と使い方

見た目に隙間がないように見える場合、まずは極細のブラシを歯の根元にあててみましょう。最初は血が出ても構いません。歯茎が腫れていたりマッサージに慣れていないと出血が見られますが、数日の歯間ブラシ使用で出血が止まり歯茎の腫れも引いてきます。自分の歯の隙間がこんなにあったんだ! と驚くかも。ブリッジがある場合や根元が開いている場合は少し太めのサイズを選びましょう。ブラシを入れたら5往復程度まっすぐに動かします。ただしやり過ぎは歯と歯茎を傷めるので良くありません。

歯間ブラシを使うようになって、歯茎の腫れが引いたり口臭が減ることも多いようです。ずっと自分の歯でいるために、歯間ブラシの習慣を始めませんか?


writer:しゃけごはん