レスター・シティ戦を欠場するガブリエウ【写真:Getty Images】

写真拡大

 イングランドサッカー協会(FA)は25日、アーセナルに所属するDFガブリエウに1試合の出場停止と罰金を命じたことを発表した。

 ガブリエウは19日に行われたチェルシー戦で、相手のFWジエゴ・コスタと口論となった際に蹴ったとして退場を命じられている。その後、1度はガブリエウに対して3試合の出場停止を命じていたFAだが、後日取り下げていた。反対にコスタにだけ3試合の出場停止が課せられている。

 しかし、FAは改めてガブリエルに1試合の出場停止と罰金1万ポンド(約183万円)を言い渡すことにしたようだ。ジョゼ・モウリーニョ監督が「今後、報復行為が認められる」と発言しFAにプレッシャーがかかった可能性もあるが、ガブリエウはレッドカードを提示されて退場したこともあり妥当な結果なのかもしれない。

 これにより、ガブリエウは日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティとの試合は欠場することになる。

text by 編集部