約400年前の丸の内が楽しめる

写真拡大

三菱地所と三菱地所プロパティマネジメントは2015年9月25日、街巡りアプリ「東京・丸の内 江戸散歩〜Edo Walker〜」の配信を始めた。

江戸の情景を360度展開のパノラマビューで

凸版印刷が開発したGPS連動型コンテンツ配信プラットフォームを活用したもので、東京駅西側の丸の内エリアの5か所に設定されたビューポイントで同アプリをインストールしたスマホやタブレットをかざすと、江戸城や大名屋敷など寛永期(1624〜45年)の江戸の情景を360度展開のパノラマビューで鑑賞できる。さらに全てのビューポイントを回ると、日本で最も壮大で美しいと言われる幻の江戸城「寛永度天守」の壁紙をダウンロードできる。

また「江戸のファストフード 天麩羅」「江戸時代もあった眼鏡屋」など、現在親しまれている食や生活に関する江戸時代のトリビアとともに、現代に引き継がれる丸の内エリアの店舗情報を掲載。一部店舗では食事や買い物をお得に楽しめるクーポン情報も用意している。

ダウンロードは無料。iOS版は10月下旬より配信予定。