ラ・ターブル・プリムの「シャンパングラスRawケーキ」

写真拡大

アメリカのセレブに大流行した加熱しない食事、スイーツの「ローフード」「ロースイーツ」を扱ってきた東京・赤坂の「La table du primeur(ラ・ターブル・プリム)」が、2015年9月からロースイーツ専門カフェとしてリニューアルオープンしました。

体の中からきれいになれるとされる美容スイーツ「ロースイーツ」のカフェメニューは、"店だからこそ食べられるスイーツ"にこだわっています。繊細なデコレーションや食感など、カフェならではのメニューが多数用意されています。

メイソンジャー、陶器に入ったテイクアウトメニューも

48度以下の温度で調理するため、生きたビタミンやミネラル・酵素をとることができる「ロースイーツ」。材料には体内に必要な良質油分を含むオーガニックの生ナッツ、ココナッツオイルやチアシード、アサイーといったスーパーフードを使用。白砂糖や卵、乳製品、小麦粉は使っていないので、アレルギー持ちの人でも食べることができます。

カフェメニューは、ぜいたくに使った季節のフルーツとRawケーキをシャンパングラスに盛り付けた「シャンパングラスRawケーキ」(930円、以下税抜)や「白い貴婦人」を意味するベルギーの伝統的スイーツをRawで作った「Rawダム・ブランシェ」(1000円)など。Rawのミルフィーユ、ガトーショコラもあります。

テイクアウトメニューも充実。スーパーフード入りのロースイーツが持ち帰りしやすいメイソンジャーに入った「メイソンジャーロースイーツ」(1480円〜)、陶器に入った「季節のRawケーキ」(850円〜)などがあります。このほか、48度以下の熱で乾燥させた「こだわり野菜のRawチップス」(500円)、自然農法の玄米を炊き上げた後に3日以上寝かせて発酵させた玄米を使った「発芽発酵玄米(酵素玄米)おにぎり」(200円)もあります。

美容スイーツで体の中からきれいになってみては? 詳しくは公式サイトから。