婚活は心が折れる? 経験者に聞いた、活動期間とやめた理由?

写真拡大

婚活パーティーや結婚相談所からの紹介サービスなど、婚活に関するサービスは年々充実しているようです。離島に住む男性たちのお見合い企画など、テレビ番組でも見かけることがありますよね。そんな婚活ですが、実際にやっていたことのある人はどれくらいいるのでしょうか? 社会人女性の皆さんに聞いてみました。

Q.婚活をやっていたけど途中で止めたことはありますか?

「ある」9.1%
「ない」90.9%

「ある」と回答した人は1割近くでした。どれくらいの期間やっていて、どうして婚活をやめてしまったのか、詳しく聞いてみましょう。

■2年間→疲れたから

・「2年間。彼氏ができたから。結局、振られて再開中です」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「2年。疲れたから」(32歳/建設・土木/販売職・サービス系)

・「27〜29歳まで婚活したら、疲れてしまい30代でやめてしまった」(33歳/医療・福祉/専門職)

「2年間婚活して彼氏ができたからやめた(けど再開中)」という人もいれば、同じ2年でも「疲れてやめた」という人も。ずっと出会いを求めて活動するのはかなりのエネルギーがいりますよね。

■数カ月から半年→疲れたから

・「数カ月を何回か。疲れたから」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「半年くらい。一度彼氏が見つかったけどすぐに別れてしまいその後再開したが、自分が商品のように思えてきて疲れてやめた」(32歳/その他/クリエイティブ職)

ほかには「数カ月を何回か」「半年くらい」という人もいました。でも結局は「疲れてやめた」ということのようです。婚活をしていると「自分が商品のように思えてくる」という意見はリアルすぎます……(涙)。

■疲れた、諦めた

・「就職後。仕事が多忙なため」(24歳/その他/事務系専門職)

・「いろいろな男性と会いすぎて疲れてしまった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「諦めた」(33歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

「就職後に婚活をしたけど仕事が忙しくてやめた」という人や「いろいろな男性と会いすぎて疲れてしまった」という人も。中人は「諦めた」という人まで……。婚活って、精神的にも肉体的にも、想像以上の負担がかかるんですね。

婚活をやっていたけど途中でやめたことのある人は1割程度でしたが、ほとんどの人が「疲れてしまった」という理由でやめてしまったようです。各地で開催される婚活パーティーに毎回参加したり、プロフィールや自分のアピールポイントをそらで言えるようになってくると、だんだんと疲れてしまうのかもしれません。婚活中の人も、これから婚活する予定の人も「疲れてしまった」とならないように、たまには休みながらやっていきましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数165件(22〜34歳の働く女性)