無失点勝利に貢献したシャルケGKラルフ・フェーアマン【写真:Getty Images】

写真拡大

 シャルケに所属するGKラルフ・フェーアマンが、フランクフルト戦で熱い声援を送っていたサポーターに感謝を表している。24日にクラブのオフィシャルサイトでコメントを発表した。

 ブンデスリーガ第6節でシャルケはフランクフルトと試合を行った。前半は膠着した試合となったが、後半終盤にスコアが動く。シャルケは76分にDFジョエル・マティプがシュートを決めて先制すると、後半アディショナルタイムにもMFレロイ・ザネがゴールを決めて、シャルケは2-0で勝利している。

 無失点試合を演じたフェーアマンは「ファンがついていてくれるから、12人でピッチに立っている気分だった。対戦相手も僕たちのファンに敬意を抱いたことだろう」と語り、サポーターの応援が力になったことを明かした。

 フランクフルト戦に勝利したことで、シャルケはバイエルン・ミュンヘン、ドルトムントに次いで3位に浮上している。DF内田篤人は復帰できていないものの、チームの調子は上向き始めているようだ。シャルケは次節、日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSV(HSV)と対戦する。

text by 編集部