財産を凍結されたネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールがブラジル当局によって財産を凍結されたことがわかった。25日、イギリス『ロイター』を含む複数のメディアが報じている。

 ネイマールはサントスに所属した2011年より2013年まで、所得を過少申告したことで6300万レアル(約19億円)を脱税したとみられている。これによりブラジル当局はネイマールに1億8880万レアル(約57億円)の財産凍結を命じた。

 同選手についてはバルセロナへの移籍の際にも移籍金に不正があったのではないかとの疑惑があり、税金詐欺が疑われている。

 ブラジル代表では対戦相手にボールを蹴りつけ出場停止処分となっているネイマール。様々な問題が続いているが、果たしてプレーに集中することはできるのだろうか。

text by 編集部