Doctors Me(ドクターズミー)- 【産婦人科医の妊活コラム】Vol.14: 【妊活の検査5】治療を兼ねた検査?子宮卵管造影検査

写真拡大 (全2枚)

前5回に渡って妊活女性が受ける主な検査のお話をしてきました。今回は、子宮卵管造影検査について、解説していきたいと思います。

子宮卵管造影検査で何が分かるの?

子宮卵管造影検査では、

●子宮の状態 
 ・子宮の中の状態はどうか?
  (子宮内膜ポリープや子宮筋腫などの有無)
 ・子宮の形はどうか?
  (子宮奇形の有無など)

●卵管の状態
 ・卵管は狭くなっていないか?
  (卵管狭窄の有無)
 ・卵管がきちんと通っているか?
  (卵管閉塞の有無)
 ・狭窄、閉塞がある場合はその位置は?
  (狭窄、閉塞部位の確認)

●腹腔内の状態
 ・腹腔内(お腹の中)に、癒着(くっついている)部分はないか?
 ・腹腔内に何かある場合は、そのおよその場所と大きさ

といった事が、わかります。特に、卵管通過の有無を確認する事は、妊活での治療方針を決めていく上でとても重要ですので、早めに受けていただきたい検査の一つです。

検査は月経終了から排卵までの時期に

検査はレントゲン透視下で行いますので、一定量の被曝を伴います。そのため、この検査は、月経が終わってから排卵までの時期に、妊娠の可能性がない状態で行います。 万一にも、胎児が被曝する危険を避けるために、検査までの間は必ず避妊をして、妊娠していない状態で検査を受けて下さい。

検査は痛みを伴うの?

卵管が細い場合(卵管狭窄)や、卵管が詰まっている場合(卵管閉塞)は、検査時に痛みを感じる方が多い検査です。その一方、軽い生理痛の様な痛み以外に、特に問題なく終わる方も、多くいらっしゃり、その痛みには個人差があります。検査中、我慢できない痛みがある場合は、その場で動かずに、検査担当者にその旨を伝えるようにしましょう。

検査は具体的にどのように進むの?

まず経腟的に、子宮内に風船のついた管を入れ、風船を子宮腔内で膨らませます。この時点で、下腹部に違和感や軽い生理通のような痛みを感じることが多いようです。その後、その管からレントゲン透視下で白くうつる造影剤をゆっくりと注入していきます。

特に異常がない場合は、造影剤は、まず子宮の内腔に充満し、その後両側の卵管を通り、卵管采(らんかんさい)と呼ばれる卵管の先端から腹腔内に流れ出す様子が見られます。そして検査2日目には、 さらに腹部単純X線写真を一枚とり、造影剤が腹腔内に均一に拡散しているかを確認します。それにより、腹腔内の癒着の有無が、大体分かります。

検査を受けてはいけない人は?

・妊娠している可能性のある方
・ヨードアレルギー、またはその疑いがある方
・重篤な甲状腺疾患をお持ちの方

上記に該当する方は、 この検査を受けていただく事ができません。

検査と治療を兼ねて、一石二鳥?

卵管に狭窄や軽い閉塞がある場合、造影剤の注入によって、卵管が広げられることにより、狭窄が解除されたり、閉塞部が開通することが、よくあります。そのため、検査中、多少の痛みがあっても、我慢できる程度の場合は、治療を兼ね、そのまま検査を継続することが多いです。実際に、この検査の後6ヶ月は、妊娠しやすくなるという報告もあります。

子供が欲しいと思う方は、怖がらずに検査を受けていただきたいと思います。

〜医師:樽井 智子〜