ブロッコリーやほうれん草よりも抗酸化作用が高いと言われる“なす”。そこで、おいしい秋なすを使った、ヘルシーでボリューム満点のレシピを紹介! 料理研究家・有坂翔太考案の“ごまヴィネグレット”が、秋の食欲をそそります♪

焼きなすと豚しゃぶのごまヴィネグレット

(取材・文/蓮池由美子 撮影/田子芙蓉)

材料(1〜2分)

しゃぶしゃぶ用豚肉

250グラム

なす

4本

aネギ

白い部分1/2本

aかいわれ

1/2パック

aみょうが

1個

a大葉

3枚

【ごまヴィネグレット】

bマヨネーズ

大さじ3

bすりごま

大さじ3

bサラダ油

大さじ2

b酢

大さじ1

bしょう油

大さじ1.5

bみりん

大さじ1

作り方

STEP1.

ピーラーでなすの皮をむき、ラップで包んでレンジで2分加熱する。食べやすい大きさにスライスする。

STEP2.

ボウルに冷水をはり、カットしたaを浸け、シャキッとさせたら水分をよく切っておく。小さい器にbを混ぜ合わせてソースを作る。

STEP3.

たっぷりと鍋にお湯を沸かし火を止めたら、豚しゃぶをほぐしながら加える。

STEP4.

STEP3をざるに取り、水分をとったら、bのごまヴィネグレットとあえて器に盛る。※味を確認しながら混ぜる。

STEP5.

器に豚しゃぶとスライスしたなすを盛りつけ、仕上げにaの和風ハーブを飾る。

ポイント

「上に乗せる和風ハーブは、水にさらすだけでシャキッとします。ひと手間かけるだけで、食感も違ってきますよ。ごまヴィネグレットは、サラダにかけてもOKです!」(有坂氏)。