飲みごろインスタントコーヒー用マグ

写真拡大

ドウシシャ(大阪市)は2015年9月中旬から、いつでもおいしいインスタントコーヒーが作れる「飲みごろインスタントコーヒー用マグ」を発売した。

飲みごろ温度もキープ

インスタントコーヒーは、種類によって異なるものの一般的には「コーヒー粉末4グラムに対し、お湯または水は280ミリリットルが最適」な量なのだという。

その適正量を実現するため、同商品ではマグの内側に粉末量をはかる「くぼみ」と、水量をはかる「ライン」を採用。

くぼみに粉をいれ、お湯を注ぐだけで、いつでも簡単においしいコーヒーを作ることが可能に。

また、ステンレス真空二重構造とホコリよけにもなる蓋つきで、「温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま」の飲みごろ温度をキープする。

色はオフホワイトとピンクベージュ、ミントブルーの3種。

希望小売価格はオープンだが、参考価格は1980円(税抜)。

全国の東急ハンズやイオンなどで販売中。