「天」の「ピリ辛ミミガー」。沖縄料理と唐辛子の組み合わせが楽しめる

写真拡大

10月3日(土)〜7日(水)、「バル辛フェスタ2015」が高田馬場で開催。

【写真を見る】「ENTREE」では「ペンネ アラビアータ」、「鶏もも肉とじゃがいものアラビアータソース」、「たことじゃがいもの馬場ネロ風」が味わえる

■ 地元で栽培した唐辛子を使用

高田馬場・早稲田エリアの飲食店28店舗が参加。各店舗で「内藤とうがらし特別メニュー」を味わえる。

“内藤とうがらし”とは、300年以上前に江戸内藤藩邸で生産された唐辛子。内藤新宿宿場近辺の農村地帯でも生産され、近年新宿区内で復活させる活動が始まった。新宿区内の高田馬場・早稲田エリアでは、2012年から地元の企業・団体・店舗などが社屋でプランター栽培を行っている。

参加方法は、事前に参加店舗かWEB、もしくは当日受け付けで4枚つづりのチケットを購入。各店舗で1枚につき1フード+1ドリンクと交換でき、受け付けでは参加店舗のマップ配布や、店選びのアドバイスも行っている。

沖縄料理「天」の「辛味噌つけそば」や「ピリ辛ミミガー」、ヨーロピアンバル「ENTREE」(アントレ)の「ペンネ アラビアータ」、「日乃屋カレー 高田馬場店」からは唐辛子を使用した「日乃屋カレー」など、唐辛子を使用したオリジナルメニューがズラリ。ドリンクはビールやワイン、ソフトドリンクなど、店舗によって品揃えが異なる。

地元で栽培された唐辛子のオリジナルメニューを食べて、食欲の秋を楽しもう。【東京ウォーカー】