1915 年(大正4年)から始まった全国高校野球選手権は、今年で100 年を迎える。それを記念して、野球史に名を刻んだ名監督たちによる激闘の記録と涙のエピソードを取り上げていきたい。第3回は福岡県立三池工業高校と東海大学付属相模高校を全国制覇に導いた原貢監督。息子である原辰徳と、孫である菅野智之をプロフェッショナルに育て上げた、その破天荒でありながら緻密な指導方針を紹介したい――。

原貢 はら・みつぐ

●1936年、佐賀県神埼郡三田川村生まれ。読売巨人軍の現監督・原辰徳の父で、同じく巨人軍投手・菅野智之の祖父。社会人野球の東洋高圧大牟田(現・三井化学)を経て、高校野球の指導者となる。福岡県立三池工業高校の野球部監督に就任し、1965年に全国高校野球大会出場に導くと、その大会で優勝。甲子園初出場にして全国制覇の快挙を成し遂げたことで注目を浴びた。その後、東海大学付属相模高校の野球部監督に就任し、ここでも全国制覇。また74年、同校に入学した長男・辰徳との“父子鷹”が話題となった。77年、辰徳の東海大学入学とともに、同大学野球部監督に就任。ここでは首都大学リーグ通算13度の優勝を達成する。2014年に心不全のため死去。享年78。

監督としての甲子園通算成績

春:出場2回、3勝2敗、準優勝1回(1975年)

夏:出場7回、14勝5敗、優勝2回(1965年、1970年)

違う土地の高校でそれぞれ日本一に

今夏、100周年を迎える高校野球だが、異なる高校で采配を揮(ふる)い、いずれも甲子園大会で優勝を遂げた監督は、3人しかいない。原貢(三池工、東海大相模)、木内幸男(取手二、常総学院)、上甲正典(宇和島東、済美)である。

貢が他の2人と一線を画しているのは、木内や上甲が隣り町の高校を指揮して優勝したのに対し、炭鉱町と新興住宅地という、まったく違った風土で日本一を成し遂げた点にある。

昨年、心筋梗塞と大動脈解離で倒れ、5月29日に帰らぬ人となったが、彼の偉業は、高校野球史に燦然と輝いている。言うまでもなく、彼の長男は巨人軍監督の原辰徳である。

〈僕の描く"監督像"の原点は、もう一人の「原監督」にある。「原監督」――つまり、僕の父から受けた影響は、とてつもなく大きいものだ〉(原辰徳著『原点』)

バントは愚の骨頂フライで1点取れ

1965年夏の甲子園大会決勝は"ヤマの子とウミの子の対決"と呼ばれた。三池工(福岡)が炭鉱町、銚子商(千葉)が漁師町だったからに他ならない。

試合は三池工の左腕・上田卓三(後に南海、阪神)と銚子商の右腕・木樽正明(後にロッテ)の好投で、息詰まる投手戦になった。

0対0の均衡を破ったのは、三池工。7回表、一死から左打席に入った5番・林田俊雄(一塁手)が、バットを短く持って流し打ち、レフト前ヒット。

三池工の監督は、原貢であった。

「木樽の球がめちゃくちゃ速かったので、バットをワングリップ短く持たせた。前夜、俺がグリップに白い布きれを巻いたんだ。そうすりゃ、ベンチから一目瞭然。バットを長く持ったら、白い布きれが隠れるからな」

6番・池田和浩(遊撃手) が打席に向かう。当時は、一死からでも、バントで走者を進めるのが常套手段だったが、貢はバントが嫌いな監督だった。

「バントというのは、監督の無能さを表している。ましてや、スクイズなんていうのは愚の骨頂。監督なら、狙い球を選手に指示し、外野フライで1点を取る野球を目指すべきだ」

その頃、練習時間の7割を打撃に割くチームは、日本のどこにもなかった。

6番・池田は四球を選び、一死一、二塁。7番・瀬川辰雄(左翼手)は三振に倒れ、二死になったが、8番・穴見寛(捕手)が先の林田同様、バットを短く持って振り抜き、カーブをレフト前ヒット。三池工が1点を先制した。

「木樽のカーブを狙え!」というのが、貢の指示だった。

三池工応援団が陣取るアルプススタンドは、「炭坑節」の大合唱になった。

「月が出た出た、月が出た(ヨイヨイ)。三池炭鉱の上に出た」ねじり鉢巻きでランニング姿のヤマの男たちが放歌高吟するなか、7歳になる少年も声をからした。原辰徳だった。辰徳は小学校が夏休みとあって、母・カツヨに連れられ、アルプススタンドで応援していたのである。

9番・上田の初球がパスボールになり、三池工は労せずして1点を追加。2対0とリードすると、貢は上田を呼び、助言を与えた。

「銚子商打線はインコースを振らない。内角にさえ投げていれば、大丈夫」そのとおり、上田は内にストレートとカーブを配し、2対0で完封勝ちを収めるのである。

工業高校の優勝は、後に68年春のセンバツで大宮工が達成するが、夏の選手権大会は、それ以前も、それ以後もない。

三池工ナインが故郷・大牟田市に凱旋したのは、8月25日。彼らは10台のオープンカーに分乗し、パレードに臨んだ。人口21万人の町に、なんと30万人が殺到した。2年前には、「戦後最大の産業事故」と呼ばれる三井三池炭鉱三川坑の炭塵爆発があり、458人の労働者が命を奪われていただけに、斜陽の炭鉱町は沸きに沸いた。電信柱に登ったヤマの男たちは雄叫びを発し、紙吹雪を撒き散らした。

先頭の赤いオープンカーに乗った貢は、右手に花束を持ち、晴れやかな笑みを浮かべた。

30万人の群衆の中には、辰徳もいた。人々が押し合いへし合いするなかで、大人たちに何度も足を踏まれ、悲鳴を上げた。

「野球というのは、こんなにも人を喜ばせるものなのかと思った……」

辰徳が告白したのは、貢の密葬があった2014年6月6日の会見だった。

同様に、凱旋パレードを見た小学6年の男の子も、「僕も野球選手になろう」と誓いを立てている。原家同様、父親が東洋高圧大牟田(現・三井化学)に勤める真弓明信だった。

凱旋パレードを見て、野球選手を志した2人の小学生が、後に巨人と阪神の監督になり、伝統の一戦を交えることになろうとは、野球の神様も粋な計らいをしたものである。

大勢に見送られて夜汽車で相模へ!

貢が東海大グループ総帥の松前重義(当時・衆議院議員)と初めて会食したのは、凱旋パレードの2週間後。「新みなと」という、当時、大牟田市で一番高い料亭だった。

池の上に造られたガラス張りの部屋に案内され、下を覗くと、美しい錦鯉が群れをなして泳いでいた。石炭で隆盛を極めた時代の名残であった。

松前は、日本酒をぐいと飲み干すと、貢に訊いた。

「どうしたら、あんなに打てるチームができるのでしょうか」

松前は、先の甲子園の東海大一高対三池工戦を話題にした。東海大一高は松前が初めて作った静岡の高校で、他のどの系列高校より愛着を持っており、1対11で大敗した衝撃が尾を引いていたのである。

三池工が放った安打は22本。1949年、平安(京都)が盛岡(岩手)との試合で記録した24安打に次ぐ史上2番目の安打数であった。

貢は、従来の高校野球が上半身中心の前さばきを重視する、ちんまりとした打撃なのが不満で、球を引きつけるだけ引きつけ、腰の回転で遠くへ飛ばす打撃にコペルニクス的転回を図ったことを強調した。松前は貢の説明を聞き、微笑を浮かべた。気骨のある話しぶりに、若い頃の自分を重ねていたのである。

貢はトイレに立つふりをして中座すると、支払いを済ませ、何食わぬ顔で席に戻った。

お開きの時間になり、松前が秘書を呼び、支払いを済ませようとすると、すでに済んでいた。

「原君、困るよ」

松前が渋面を作ると、貢は笑みを浮かべ、用意していたセリフで返した。

「先生は東京じゃ、偉い方かもしれませんけど、大牟田じゃ、私のほうが有名なんですよ……」

66年12月9日、国鉄・大牟田駅のプラットホームは原家の4人、貢、カツヨ、辰徳、詠美(巨人投手・菅野智之の母)を見送る人たちで溢れていた。

夜汽車に乗り込むと、8歳の辰徳の頬に涙が伝った。一緒に白球を追った小学生が大勢、見送りに来ていた。夫人のカツヨも、3歳の詠美も目を潤ませていたが、東海大相模の監督就任が決まった貢だけは違っていた。万歳三唱に送られ、夜汽車がプラットホームを離れると、餞別の酒を呷り、叫んだ。

「さあ、都に旗を翻すぞ……」

グラブを外させて鬼の千本ノック!!

76年夏のある日、東海大相模グラウンドで、貢が野手にノックを見舞っていると、三塁のポジションにいた選手の姿が視界に入った。何を想うのか、腕組みをしながら虚空を見上げていた。高校3年生の辰徳だった。

辰徳は1年夏に、3試合連続マルチヒットで甲子園にデビュー。2年春のセンバツ大会では、決勝の高知戦で左中間最深部に特大アーチを架け、プロ野球のスカウトからも高い評価を得ていた。甲子園の通算成績は45打数18安打。4割という高打率を誇っていた。

それだけに、腕組みしている辰徳を見て、貢は驕りを感じたのである。

貢は東海大相模監督に就任後、3年目にして甲子園出場に導き、4年目に全国優勝を達成。押しも押されもせぬ「名将」として高校球界に君臨していた。

「なんだ、その態度は!」

貢は激高し、辰徳を呼び寄せると、往復ビンタを見舞った。

辰徳同様、高校1年からレギュラーだった左腕エースの村中秀人(現・東海大甲府監督)が証言している。

「ホームベース付近で始まった往復ビンタですが、バチン、バチンと顔を張られた辰徳が後ずさりしたせいで、気がつくと、2人はレフトのほうにいて、戦慄しました」

反省の色がない辰徳を、貢は右手の拳でぶっ飛ばし、倒れ込んだ辰徳に足蹴りを加える。さらには、下腹部を踏みつけ、失禁させたほどであった。

鬼の体罰は続く。

「グラブを外せ!」

貢は叫ぶと、5mの至近距離から千本ノックを見舞った。辰徳が素手で捕球し損なうと、硬球が身体にめり込んだ。(殺されるかもしれない)辰徳は恐怖に襲われたという。

貢は、こう話している。

「他の選手には、やりゃしねえ。せがれだから、やったのよ」

夏の県大会が近づき、ナインに緊張感を持たせるため、辰徳を生贄にしたのである。

そこまでしても、貢と辰徳の"父子鷹"は甲子園で優勝できなかった。2回戦で小山(栃木)に0対1で不覚を取った。

試合後、辰徳は、

「最後の打席は、なんとしても塁に出たかった」

と語り、泣きじゃくった。

辰徳が初めて人前で見せた涙だった。

報道陣がインタビュー通路から去ると、貢は辰徳に歩み寄った。

「お前もきつかっただろうが、俺も辛かったんだぞ……」

鬼の目にも涙があった。

父とともに東海大へ進んだ辰徳が、巨人からドラフト1位で指名されるのは、4年後の1980年秋だった。

(文中=敬称略)