なぜアルスエレクトロニカは、21世紀に「都市」を問うのか

写真拡大

世界最大のメディアアート・フェスティヴァル、アルスエレクトロニカが今年発表したテーマは「ポスト・シティー 21世紀を生きる方法(Post City-The Habitats for the 21st Century)」だった。なぜいま、アートセンターが「都市」に焦点を当てるのか? 「都市は最大の社会実験装置」とうたう彼らが着目したのは、漠然とした未来の都市像ではなく、実践的な「未来の市民」のデザインだった。

「なぜアルスエレクトロニカは、21世紀に「都市」を問うのか」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIREDでも未来の都市を考えるカンファレンスを開催!
10/13「WIRED CITY 2015 〜2020からはじまる東京」

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、“都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

街を変革させたアートセンター

1979年、オーストリア・リンツ市で始動したアルスエレクトロニカ(以下、アルス)は、毎年9月に開催されるフェスティヴァルをはじめ、ミュージアムや教育の発信拠点であるアルスエレクトロニカセンター、研究・開発機関としてのFuturelabPrix(コンペティション)などを内包する複合機関だ。

アルスがそもそも、市民のボトムアップな活動によって生まれ育ってきたことは、実はあまり知られていない。発足当時のリンツ市のイメージは「灰色の工業都市」。味気のない工場だらけの街において「これから到来するテクノロジー」に対する市民へのリテラシーを高めるべく、世界で真っ先に先端的なアートを武器とする画期的な戦略を打ち立てたのがアルスだった。その戦略は35年をかけて功を奏し、いまや街の文化・教育水準の発展に深く寄与している。

リンツ市内の小学校の校長先生は「アルスは“未来”を教えてくれる豊かな教育機関」と言うし、35年欠かさずフェスティヴァルを訪れているというおばあさんは「アルスがこの街を変えた」と口にする。世界のメディアアートの動向を誰よりも知るのはリンツ市民ではないかと思えるほど、アルスと都市の関係性は根強い。

「都市」から「市民」のデザインへ

一方で、アルスのフェスティヴァルといえば、常に時代の先端を批評的に読み解くテーマを掲げてきた。1999年「生命科学(Life Science)」、2000年「ネクスト・セックス(Next Sex)」でバイオの未来にいち早く着目し、SNSが普及しはじめた2007年には「グッバイ・プライヴァシー(Goodbye Privacy)」で匿名とプライヴァシーの関係を考察している。そのアルスが、なぜ今年のテーマを「都市(Post City)」に据えたのだろうか。

アルスのアーティスティック・ディレクター、ゲルフリート・ストッカーは、フェスティヴァルに先立ち15年3月に東京で開催されたイヴェント(Future Catalysts PLATZ vol.1)において、その答えのひとつに全世界の都市への人口流入を引き合いに出した。20世紀初頭、都市に暮らす人口は1億6,500万人だったが、現在の数は全人口の50パーセントを超える約34億人。現在もアジア諸国を筆頭に、1日あたり約20万人もの人々が都市へと流入し続けているという。特に、難民問題が顕著な現在の欧州では、今年だけで35万人を超える人々が欧州内の都市へ押し寄せている。

アルスエレクトロニカ アーティスティック・ディレクター ゲルフリート・ストッカー。PHOTOGRAPH BY ROBERTBA

爆発的に人口が増え続ける都市をいかにデザインするか──。この命題は、1,300万人超という世界最大の人口数を抱える東京都も例外ではない。そのとき、最も重要になるのは「市民」の存在だとストッカーは語る。

未来の都市像をイメージする際、とりわけ「スマートシティ(IT技術を駆使した計画都市)」などが取りざたされるが、そのインフラ整備には十数年の歳月を要する。もちろん、ここ日本においても、2020年の東京オリンピックや2027年の渋谷駅大改築など、大掛かりなインフラ改革によって都市の姿は鮮やかに変わっていくだろう。実際、8年の歳月をかけて改築された大阪ステーションシティは、オープンからわずか8カ月あまりで1億人の来場者を突破するなど大きな成功を収めている。

しかし、いまやどこの国でも市民が自由に使いこなせるデジタルツールが浸透する時代において、従来型の「都市開発」を行政やディヴェロッパーに任せきりにするのではなく、自分たちの手で、市民自らが街をデザインしていく方法もあるのではないか。そう語ったストッカーの言葉からは、今年アルスが提示した「ポスト・シティ」の意義が浮かび上がる。

街の隠れた資源に火をつける

今年のフェスティバル「Post City」のテーマ展のディレクターを務めた小川秀明は、昨年末にストッカーと今年のテーマを練っていた際、東京という街からも大きなインスピレーションを得たと語る。

アルスエレクトロニカFuturelab クリエイティブ・カタリスト 小川秀明。PHOTOGRAPH BY FLORIAN VOGGENENDER

「東京が内包する問題はさまざまですが、人口の過多によって、ひとつのヴィジョンが提示しにくいという課題がある。特に、ストッカーと東京の街を歩いている際、彼がしきりに気にしていたのは、街のそこら中にある“禁止事項”のサイネージだったんです。公共施設をちょっと歩けば、あれはダメ、これはダメ、と至るところに書いてある。みんなのものであるはずの“公共”がたくさんの規制に縛られはじめると、市民の自主性がどんどんと失われ、人々が幼稚になっていくのではないか、と。

また、現在のヨーロッパにおいても、EU圏や国家というユニットシステムがゆらぎはじめ、各都市の新たなヴィジョン設計が求められてきています。いま、世界中で街としての能力が再議論される時期に来ている。そうしたとき、アルスにできることは、イノヴェイションを触発するアートの思考を街に投じること。そして、市民発のボトムアップな動きを推奨していくことにあると思うんです」

今回、メインの会場となったのはリンツ駅近くの旧郵便配送センターだった。1年半前に閉鎖され、次の用途が見つからないまま放置されていたこの巨大施設を、アルスはひとつの「街」へと変容させてしまった。

「街なかで眠っているものに“火をつける”ことがぼくらの役目。今回は“街をつくる”というステイトメントを掲げ、各エリアを『セントラルパーク』や『◯◯ディストリクト』と名づけるなど、実際に街を探索しているかのような展示空間を設計しました。導線もはっきりしていないし、通常のアートイヴェントとはまったく異なるつくり。街を歩きながら、次の都市のアイデアを拾っていけるように、観る人それぞれがこのイベントを編集できる仕掛けになっているんです」

アート&インダストリーの挑戦

しかし、こうした実践的な「都市のアイデア」は、一見するとこれまでアルスが集めてきた先端的なアート表現やプロジェクトとはすぐに相容れないものも多いようにも思う。そこにいくらかの違和感を抱く人も少なからずいるはずだが、メディアアートの最大拠点であったアルスはいま、2つの道を歩み始めているようだ。

「ひとつは、昔からずっと続けてきた〈アート&サイエンス〉の実践。新しいテクノロジーやメディアを活用したり、最先端のサイエンスの知見を取り入れたりしながら、アーティスト、サイエンティスト、ハッカー、エンジニアとともに未来を予見していくこと。これは現在、アルスエレクトロニカセンターが中心となってCERN(the European Organization for Nuclear Research)、ESO(the European Southern Observatory)などの研究機関と共同プロジェクトを進め、アーティスト・イン・レジデンスを企画したり、今年のフェスティヴァル中も多数のシンポジウムを開催したりしています。

一方、今回の「ポスト・シティ」のような都市における実践は、いわば〈アート&インダストリー〉。インダストリー(産業)とは、市民の生活に直接関与し、都市を変える存在のひとつ。そうだとすれば、ぼくらはアートの思考を武器に、新たな産業のあり方を企業とともに考え、人々の生きる力を維持していくようなサーヴィスや商品設計を生み出していくことができると思うんです」

これまでアートが社会に投げかけてきたメッセージは、従来のホワイトキューブの美術館を抜け出し、いま実際に、都市のなかへインストールされようとしている。アートと産業が結びつくとき、都市にどんな変化が生じるのか。そして、市民が主体となる都市のデザインとは何なのか。いま、わたしたちは「都市」をもう一度つくり変えることができる可能性を手にしている。

東京で、未来の都市を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、“都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

Ars ElectronicaCityEventSmart CityWIRED JAPAN