蛭田みなみはアマチュアトップの2アンダー、首位と3打差と優勝も視界に(撮影:ALBA)

写真拡大

<ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント 初日◇25日◇利府ゴルフ倶楽部(6,534ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント」の初日。初日の競技を終え、5アンダーでフィニッシュした表純子が首位に立った。
大会初日の模様を「ライブフォト」で振り返る!
  3打差の2位タイにはアマチュアの蛭田みな美、服部真夕、西山ゆかりら7選手がつけた。昨年覇者の酒井美紀は1オーバー37位タイ、2年ぶりの今大会参戦となる宮里藍は5オーバーで81位タイと大きく出遅れてしまった。
 以下に主要選手のコメントを掲載。

●蛭田みな美(2アンダー2位タイ)
「前半はパターがダメでしたが、修正できました。気が付いたのは3パットのボギーにした時。その後はどんどん修正できました。初日の2アンダーはまずまずだと思います。明日に繋がると思う。このパッティングの感じが続いたら上にいけると思います」
●イ・ナリ(2アンダー2位タイ、一昨年覇者)
「今日はフェアウェイもキープできたし、グリーンもキープできてチャンスにつけられました。雨が降ったことでイメージよりはグリーンも止まっていましたね。今日は “(伸ばすなら)今日しかない!”と思ってスタートしました。このコースは優勝もしてるし相性も良い。良いイメージがあるのがいいかな。初日に結構良いスタートをきれたのでいいところで終わりたいです」
●永峰咲希(1アンダー9位タイ)
「前半上手くかみ合わなくてポロポロッとボギーを叩いてしまいましたが、18番で2メートルのバーディパットをしっかり決められて流れを変えられました。今週もシードを意識せず一試合一試合集中してやりたいです。このコースはインが長くて難しいですね。明日はアウトスタートなので、前半でしっかりスコアを伸ばして後半に入りたいです。それで良い結果を出して、最終日に良い位置で回れるように頑張りたいですね」
●酒井美紀(1オーバー37位タイ、昨年覇者)
「普段はあまり緊張しないのですが、とにかく今日は緊張しました。やはり宮里選手と一緒にプレーしているので。私は藍ちゃん世代なので(笑)もう、どうしようかと。色々と話しかけていただいて、色々とお話もさせていただいたのですがリラックスは最後までできませんでした。今回が回らせていただくのが2度目だったのですが、前回よりは緊張感の中で自分のプレーができたと思います」

<ゴルフ情報ALBA.Net>