バルセロナとレアル・マドリード。この2強の国内リーグでの覇権争いが、今季もリーガ・エスパニョーラ最大の見どころであることに違いはない。

 今季、テレビ放映権収入の分配に関して見直しが行なわれたが、それによってレアルとバルセロナが受け取る報酬は年間1億4千万〜1億6千万ユーロ(約190億〜216億円)、昨季3位のアトレティコ・マドリードと4位バレンシアは、その半分以下の4500万〜5500万ユーロ(約61億〜74億円/経済紙Expansion 紙のデータによる)だ。

 このデータだけでも、1部リーグの他の18チームとは比べ物にならない規模の予算を操るビッグ2だが、それでも、お金だけでは解決できないこともあるからサッカーは面白い。

 今季は、レアルとバルサにとって波乱含みのスタートだった。

 レアル・マドリードは今夏、クラブ生え抜きの至宝、GKイケル・カシージャスをポルトへ放出する決断を下したが、その後継者が移籍期間の最終日まで決まらなかった。クラブが望んでいたマンチェスター・ユナイテッドのダビド・デ・ヘアとケイロル・ナバスのトレードは、結果的に頓挫。今季の正GKのポジションは、2年目を迎えたナバスが手にすることになった。

 政府の財政部門や銀行すらも動かすレアル・マドリードでも、デ・ヘアの獲得はままならなかったわけだが、現在、残留したナバスがクラブの救世主と化している。今季ここまでレアルはわずか1失点。そしてこれには、先発メンバーの誰よりも年収が少ないナバスの貢献度が非常に大きい。

 ベニテス監督がスタメンを毎試合変えるなか、放出寸前だったナバスがひとりだけピッチに立ち続けている。共に守るDFの顔ぶれが変わろうが、それに左右されることなく、まだ周囲を納得させられずにいる新監督が文句を言われない結果を生み出しているのだ。ナバスとデ・ヘアのトレードは、ベニテスの了承があってのことだった。そういった事情を承知のうえでチームのためにプレーし続けるナバスに、ベニテスがどれだけ助けられていることだろう。

 一方、バルセロナはFIFAからの制裁により、来年まで新規の選手登録ができない。ただでさえ手持ちの選手だけでやり繰りしなければならない状況に加え、開幕戦ではDFの要、ジェラルド・ピケが退場処分で次戦を欠場。さらに正GKクラウディオ・ブラボをはじめ、ジョルディ・アルバ、ダニ・アウベス、ジェレミー・マテュー、トマス・フェルメーレンらが、ハムストリングの負傷で次々と戦列を離れる事態に陥った。

 加えて、バルサB、セルタと、ルイス・エンリケ監督が過去に率いてきたチームで起用し続け、手塩にかけて育ててきたラフィーニャが膝の十字靭帯を負傷。手術が決まったばかりで完治の時期は発表されていないが、今季の半分以上を棒に振ることは確実だ。

 バルサは昨季、ハムストリング負傷選手の数を前年度の半分以下に減らし、フィジカルコンディションの改善が二度目の3冠をもたらす要因になった。だが、今季序盤で「その基盤が崩れているのではないか?」と懸念されている。

 そういった声を跳ね返そうと、ルイス・エンリケはホームで行なわれた第4節のレバンテ戦で、それまでずっと先発で起用してきたルイス・スアレスをベンチに置き、メッシ、ネイマールにサンドロ、ムニルのアタッカー4人で攻める新布陣で戦った。この試合では4−1と大勝することができたが、次節のセルタ戦ではまさかの大敗(1−4)。限られた駒で試行錯誤が続く。

 今年はユーロ2016(欧州選手権)の前年ということでその予選があり、代表クラスの選手を多く抱える両クラブにとっては不利なシーズンとなる。昨今、代表戦での疲労を引きずった選手がクラブに戻ってから負傷することを、欧州メディアは「FIFAウイルス」と呼んでいる。こういった状況で倒れる選手はたいていひとりでは済まず、ウイルスにかかったかのように次々と倒れていくためこう言われるようになった。

 その対策として、レアルのベニテス監督はスタメンを固定せずにローテーションしており、同時に先発メンバーをできるだけ早く交代させるなど、選手のコンディション維持に腐心している。

 レアルほどの厚い選手層はないバルサは、ルイス・エンリケ監督が4節のレバンテ戦のように、20歳のサンドロ、ムニルら若手を先発で起用するなどして「FIFAウイルス」を防ごうとしている。つまり、このウイルスの感染度をいかに低くするかが、バルサにとってもレアルにとっても喫緊(きっきん)の課題になっているのだ。

 リーガ・エスパニョーラは5節終了時点でレアル・マドリードが首位(勝ち点13。同じ勝ち点で2位にセルタ、3位にビジャレアル)。バルセロナは勝ち点差1で5位につけている(同じ勝ち点で4位にアトレティコ・マドリード)。

 レアルのベニテスとバルサのルイス・エンリケ、両監督の手腕が、今季の2強の勝敗の行方を決める重要なカギになるといえるだろう。

山本美智子●取材・文 text by Yamamoto Michiko