6回目を迎える「福岡オクトーバーフェスト2015」。19ブランド52種類のドイツビールがそろうので、いろいろな種類を飲み比べてみよう!

写真拡大

10月16日(金)から25日(日)まで、冷泉公園(福岡市博多区)にて「福岡オクトーバーフェスト2015」が開催される。毎年多くの来場者を集めるビールの祭典が、2015年で6回目を迎える。

【写真を見る】「職人ソーセージニュルンベルガー」(6本1500円)は、ドイツで修業を積んだマイスターの手作り。ニュルンベルグを代表するメニューだ

同イベントは、ドイツ・ミュンヘンの一大ビール祭りを再現する、本場のバイエルンビール協会認定のイベント。ズラリと並ぶ出店ブースには、19ブランド52種類のドイツビールが勢ぞろいする。世界最古のビール醸造所、ヴァイエンシュテファンの代表的なビール「ヘフェヴァイスビア」(1200円/500ml)や、本場でもこの時期しか飲めないオクトーバーフェストの象徴的なビール「ハッカー・プショール オクトーバーフェストビア」(1600円/400ml・1日3樽限定)など、ドイツ直送のビールが堪能できる。

さらに、ソーセージやプレッツェルといった、ビールにぴったりのフードメニューも充実。今年は、オクトーバーフェスト名物のアーモンドに砂糖を絡めた洋菓子マンデルも販売する。ドイツ製テントの会場では、民族楽団のステージ演奏やドイツから運ばれてきた木製のアンティークメリーゴーランドなど、本場さながらの雰囲気を存分に楽しめる。【福岡ウォーカー】