誰がここまでの高橋光成(西武)の活躍を予想できただろうか。高卒1年目にして8月に一軍昇格すると、9月上旬にかけて5連勝。1999年の西武・松坂大輔(現・ソフトバンク)の記録を塗り替える、史上最年少での月間MVPも獲得した。春先には最速154キロをマークするなど、着実に本格派右腕へと成長を遂げている。

 だが、全国制覇を成し遂げた前橋育英高2年時はストレートがシュート回転する悪癖があり、むしろ変化球で器用に抑えるタイプの投手だった。かねてより高橋の急激な成長ぶりについてレポートしてきたが、一軍で結果を残した今、あらためて本人を直撃した。

高橋光成"マイペースで語る"インタビュー(前編)

―― 最初に1年前のドラフト会議当時の話をお聞きします。会議8日前に西武球団が「ドラフト1位でいく」と異例の公言をしましたが、その時はどんな心境でしたか?

高橋:どこへ行くかもわからなくてドキドキしていましたし、そういうなかで公表していただいて。「本当なのかな?」という気持ちも心のどこかにあったんですけど。でも、まだ正式に決まっていないとはいえ、「よっしゃ」という、嬉しい気持ちもありました。

―― その時は、自分自身の才能や将来性に自信を持っていたのでしょうか。

高橋:正直......なかったです。高校2年生の時に全国優勝はできたんですけど、大会後に日本代表に行って、すごい選手を見て、そこで自信をなくして......。自信はやっぱり、そんなにないです。

―― 1学年上には松井裕樹投手(現・楽天)らがいましたが、同学年では安樂智大投手(現・楽天)もいました。安樂投手はベネズエラ戦で16奪三振、完封勝利を挙げるなど、活躍しましたね。

高橋:衝撃でしたね。自分はあまり投げられなかったので、安樂が投げた時には、「すごいな」という思いと、ちょっと悔しさがありました。

―― 高校3年時は故障もあって、調整が追いつかずに甲子園不出場でした。西武スカウト陣の評価は2年夏時点である程度は固まっていたものと考えられます。

高橋:たまに2年夏の甲子園を振り返ると、「ショボイな」って、やっぱり思います(笑)。昔の自分を見ていると、「もっとこう考えてやっておけば良かった」と思うことがあるんですけど。あの時はあの時なりに、ガムシャラにやっていたので、それがいい方向に出たのかなとは思います。

―― 一番「ショボイ」と感じる部分はどこですか?

高橋:今もなんですけど、ボールが本当に弱いところですね。「なんでこの球で打たれなかったんだろう? 何が良かったのかなぁ」と見ていて思います(笑)。

―― ちょっとシュート回転していましたね。

高橋:そうなんです、すごくシュートしていて、それが良くない時の傾向だったんですけど、逆にそのくらいシュートしていたことが良かったのかもしれないです。

―― 清川栄治コーチ(西武二軍投手コーチ)に話を聞いたのですが、キャンプでピッチャーズプレートでの立ち方、地面の「噛み方」について、アドバイスを受けたそうですね。

高橋:投げる時に軸足がプレートに着いていなかったので、そこを言っていただきました。最初は慣れなくて、イヤな感じがあったんですけど、投げてみたら「あ、違うな」と。プレートをうまく使えば、こうやって投げられるんだなとわかりました。

―― ボール自体も良くなったという実感があった。

高橋:そうですね、やっぱりボールに力が伝わるので、やってみて良かったなというのはあります。

―― 前橋育英高時代も「しっかりと立つ」ということをテーマに取り組んでいましたね。

高橋:「しっかり立つ」ことは意識していたんですけど、「プレートを踏む位置」までは気にしていませんでした。プロに来てみて、いろんなポイントがあるのだな......ということを感じます。

―― 清川コーチはキャンプで「連続プレー」をよく練習したとも言っていました。個人ノックと投内連係を組み合わせたようなメニューで、投げる、捕る、踏ん張る、切り返す......と、さまざまな動きを連続して繰り返すという。

高橋:あぁ〜、キャンプの個別練習でよくやりました。

―― このメニューで体の連動性が向上したとか。

高橋:そうですね! こういう連続した動きはやったことがなかったので。今までとは違ったところを動かして、使って、自分にとっていい刺激になりました。

―― そして、春の段階で154キロが出ました。

高橋:本当か嘘かわからないですけど(笑)。まあ、今までやってきたことが順調に出たときだったのかなと思います。いい励みにはなりました。

―― 高校時代から、ここまでスピードが伸びるというイメージは持っていたのですか?

高橋:自分の中では、高校時代から「150キロを投げるぞ!」というつもりで投げてはいたんですけど、いつも142キロとか(笑)。球速でやるスポーツではないので、勝つことを優先的に考えていました。でも、ボールが速くて、いい球質になれば、それが一番いいと思います。自分のボールはどちらかと言うと動くほうなんですけど、思い切り腕を振って、もっとスピードがあればバッターも嫌だと思いますし、そういったボールを投げたいです。

―― ボールが動くというのは、シュートしたり、カットしたり?

高橋:そうだと思います。炭谷さん(銀仁朗)からも言われますし、バッターの打っている感じを見ていても思いますね。

―― ファームでは実戦経験を積みながら体づくりに取り組んでいたそうですが、どんなことをやっていたのでしょう?

高橋:走り込み、ウエイトトレーニングは毎日やるもので、あとは個別練習。内野ノックとか、下半身のトレーニングとか。それを毎日の勢いでやっていたので、それが今に生きていると思います。

―― ウエイトトレーニングは、毎日鍛える部位を変えて?

高橋:そうです。さすがに同じところを鍛え続けたら、壊れちゃうので(笑)。

―― トレーニングへの知識もプロで身に付いたのでしょうか?

高橋:高校の時もウエイトはやっていたんですけど、筋肉の名前を覚えたり、この部位はこういう動き方をするとか、こういう時にはこうしたほうがいい......といった部分は、プロに入ってからだんだんとわかってきました。

―― 自分の体が変わったと実感することはありますか?

高橋:高校の頃よりも意識してやってきているので、少しは変わってきたかなと思います。

―― 体の変化というより、意識の変化のほうが大きいという感じですか?

高橋:そう、そっちのほうがあると思いますね!

―― それが「プロ意識」というものなのかもしれませんね。

高橋:高校野球では、なんも考えてなかったですからね(笑)。

―― プロの世界に入って、チームメイトを見渡して「この選手はすごいな!」と驚かされたことはありますか?

高橋:岸(孝之)さんのブルペンは本当に衝撃的で......。春野のキャンプの時に一軍選手が来て、投球練習をブルペンの後ろに座って見させていただいたんですけど、本当にビックリしました。

―― 驚いたのは、ボールのキレでしょうか?

高橋:キレですね。みなさんも見ていてもわかると思うんですけど、やっぱりその通りだと思います。

―― 見ていて「おぉ!」とうなるような、ボール自体の凄味があるんでしょうね。

高橋:ありますね。たぶん、それが「いいボール」なんでしょうね。

―― コントロールも良かったですか?

高橋:コントロールもビシャビシャでしたし、本当にすごかったです。「こういうボールを投げたら打たれないんだろうな」と思いました。

(後編につづく)

菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro