『ストレイト・アウタ・コンプトン』 ©2015 UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

N.W.A.の伝記映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』が、12月19日から東京・渋谷シネクイントほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

N.W.A.は、Eazy-E、MC Ren、DJ Yella、Arabian Prince、Ice Cube、Dr. Dreによって1986年にアメリカのカリフォルニア州コンプトンで結成されたヒップホップグループ。コンプトンはアメリカでも犯罪率の高い都市として知られており、暴力的な内容を含んだリリックで社会への反骨精神を表現した1stアルバム『Straight Outta Compton』は、黒人を差別する警察への反対運動を加速させ、社会現象にまで発展した。

『ストレイト・アウタ・コンプトン』は、彼らがN.W.A.を結成するに至った経緯や、成功と挫折、権力や偏見との戦い、友人との別れなどの裏話を描いた作品。キャストはオーディションで選出され、Ice Cube役を実の息子であるオシェア・ジャクソン・Jrが演じている。また、N.W.A.のマネージャー役でポール・ジアマッティも出演している。メガホンを取ったのは、メンバーと親交のあるF・ゲイリー・グレイ。製作にはIce CubeとDr. Dreも参加している。

なおDr. Dreが同作から映画からインスピレーションを受けて制作したニューアルバム『Compton』の日本盤が、本日9月25日にリリースされた。