涙なしの引退会見、度重なるケガにも「僕は1回死んだ身。恐怖心もなかった」

 小兵のガッツマン・平野恵一が現役生活に別れを告げた。京セラドームで行われた引退会見。涙はなく時折、笑顔を見せながらこれまでのプロ野球生活を振り返った。

 169センチ、67キロの小さな体を酷使し、14年間、グラウンドを駆け回ってきた。「200、300、1000%でやってきたつもり。思い残すことない」と晴れ晴れとした表情で話した。

 オリックス、阪神と関西2球団で活躍。2006年5月6日のロッテ戦(千葉)ではダイビングキャッチを試み、胸部などを骨折する大けがを負った。それでも「一番最初に思ったのはボールを取っているか」。命をかけたワンプレーにも後悔はなかった。

 長いリハビリ生活を終え再び1軍の舞台に帰ってきてもダイビングキャッチ、ヘッドスライディングをやめることはなかった。

 その後も度重なるケガに悩まされたが「僕は1回死んだ身。支えてくれた全ての方々のためにやってきた。恐怖心もなかった」と、ファンのためにプレーを続けた。

全力で駆け抜けた14年間、酷使してきた体に「もうそろそろ許してあげようかと」

 ここ数年は毎年のように引退の二文字が頭をよぎったという。

「自分がレギュラー、チームを引っ張ると常に思ってやってきたけど。それができなくなった時はやめる時だった。僕は打つだけ、守るだけじゃダメだった。全部をやって結果を残さないといけないから」

 1260試合に出場、打率2割7分9厘、18本塁打、263打点。2010、11年には二塁手としてベストナインとゴールデングラブ賞を獲得。打撃でも10年にセ・リーグ2位となる打率3割5分、球団新のシーズン59犠打を記録した。

「体に限界がきたのかな。小さいけれど頑張ってくれた体に、もうそろそろ許してあげようかと。お疲れさんと言おうかなと思いました」

 プロ14年を全力で駆け抜けた平野恵一が静かにユニホームを脱いだ。