テレビにPCにスマートフォンにタブレットにゲーム。ディスプレイを見ることが非常に多い昨今、子供でも眼精疲労や肩こりがあるといいます。深刻な眼精疲労であるならば、ブルーライトカットメガネを試すことで軽減されるかもしれません。

ブルーライトってそもそもなんなの?

ブルーライトとは、紫外線に近い波長を持った可視光線(目に見える光)のことで、非常に強いエネルギーを持っています。PCやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれています。ディスプレイや照明にLEDが多く使われるようになってから、ブルーライトには様々なリスクがあると言われはじめ、眼の疲れを軽減する目的でブルーライトカットのメガネが爆発的に売れるようになりました。

ブルーライトは眼に悪いってホント?

LEDから発せられるブルーライトがどれほど眼に影響しているかというのは立証されているわけではありません。眼精疲労がブルーライトのせいなのかディスプレイの光度調整が悪いのか、細かい文字を長時間見ているせいなのかがはっきりしていないからです。そして、ブルーライトの波長は自然界では真っ青な青空の色だそう。ブルーライトだけに限って言えば、青空を見て眼が疲れるとは言わないのに、LEDだと疲れるのはおかしいということのようです。しかし、ブルーライトカットのメガネで眼精疲労が楽になった人はたくさんいます。それはなぜでしょう?

強い光が苦手な眼の人がいる

LEDのディスプレイだけではなく、青空を見ても眼が痛い人はブルーライトカットメガネで格段に眼が楽になるはずです。つまり日差しが強い日に、サングラスは欠かせないという人はブルーライトカットメガネが効果的なタイプ。サングラスなんて必要ない、という人はブルーライトカットメガネの効果が感じられにくいと言えるでしょう。

同じ日本人でも瞳の色はそれぞれ違い、光の吸収率や反射率の違い、乱視の有無で光の感じ方が違います。光が苦手な瞳の場合、強い光を発するLEDディスプレイを長時間見続けることで他の人よりも眼精疲労になりやすく、乱視がある場合はもっと疲れやすいといえます。このタイプの人はブルーライトカットのメガネの効果があるので、間違いなく使用した方が良いでしょう。メガネをかけた時に光がやわらかく感じ、若干黄色が強くなるのが正しいブルーライトカットメガネです。色味が変わらないのはブルーライトカットではありませんので注意しましょう。

writer:しゃけごはん