ドルトムントが今季初めて勝ち点を失った。ブンデスリーガ第6節、アウェーのホッフェンハイム戦は1−1の引き分けだった。

 ヨーロッパリーグ(EL)3回戦に始まり、ここまで11連勝。その分、疲労がたまっていたことは否めない。ドルトムントは昨季終盤もドイツ杯決勝まで戦っており、1部で上位を戦うチームとしては極端にオフが少なかった。

 実際、9月のインターナショナルマッチウィーク明けには極端にパフォーマンスが落ちている。バイエルンほど層が厚くはないドルトムントにとって、長いシーズンで上位争いをし、ELでも上位を狙ううえで、最初の関門が訪れたという感覚ではないか。

 香川真司はこの結果を冷静に受け止めていた。

「長いリーグ戦、イヤでも切り替えていくしかないし、次のホームでどれだけリカバリーして、しっかりと勝ち切れるかが大事だと思う。いつかは連勝は止まりますしね。それが今日だったということ。ただ、負けではなく最低限の結果を手に入れている。次の試合に勝たないとこの試合の意味がなくなるので、課題をしっかりと克服してやっていきたいと思います」

 この日のドルトムントのメンバーには、ある程度ターンオーバーの要素もあった。ギュンドアンに代えてカストロ、ミキタリアンに代えてホフマン。カストロは先週のELでのパフォーマンスは振るわなかったが、再び先発のチャンスが。ホフマンはロイスが不在の間に存在感を見せていたが、この日は復帰したロイスとともにプレーした。このあたりはどうにか現有の戦力を組み合わせながらやっていこうという意図だろう。

 ホッフェンハイム戦の前半はまったくといっていいほどペースがつかめなかった。

「相手がすごく研究してきたというか......。自分たちがポゼッションする中で、なかなか相手の嫌なところを突くことができなかった。ミス絡みでカウンターを受けることも多かったですし、前半に失点したことがすごく痛かった」

 香川、カストロ、ヴァイグルの中盤の3枚が抑えられたことで、長短のパスで相手に揺さぶりをかけることができない。サイドチェンジの長いパスを入れてサイドバックに通す、今季の狙いの一つが封じられた。

 香川は「少し引いたらフリーになった」と振り返るが、中盤からさらに引いてしまっては怖さも半減。全体に攻め上がろうとすると逆にカウンターを受け、ホッフェンハイムの「スピード系とフィジカル系の2トップ」をうまく使われた。香川だけでなく、多くの選手が「前半に失点してはいけない。あの戦い方では勝てない」と反省した。

 この日のドルトムントのメンバーには、ある程度ターンオーバーの要素もあった。ギュンドアンに代えてカストロ、ミキタリアンに代えてホフマン。カストロは先週のELでのパフォーマンスは振るわなかったが、再び先発のチャンスが。ホフマンはロイスが不在の間に存在感を見せていたが、この日は復帰したロイスとともにプレーした。このあたりはどうにか現有の戦力を組み合わせながらやっていこうという意図だろう。

 ホッフェンハイム戦の前半はまったくといっていいほどペースがつかめなかった。

「相手がすごく研究してきたというか......。自分たちがポゼッションする中で、なかなか相手の嫌なところを突くことができなかった。ミス絡みでカウンターを受けることも多かったですし、前半に失点したことがすごく痛かった」

 香川、カストロ、ヴァイグルの中盤の3枚が抑えられたことで、長短のパスで相手に揺さぶりをかけることができない。サイドチェンジの長いパスを入れてサイドバックに通す、今季の狙いの一つが封じられた。

 香川は「少し引いたらフリーになった」と振り返るが、中盤からさらに引いてしまっては怖さも半減。全体に攻め上がろうとすると逆にカウンターを受け、ホッフェンハイムの「スピード系とフィジカル系の2トップ」をうまく使われた。香川だけでなく、多くの選手が「前半に失点してはいけない。あの戦い方では勝てない」と反省した。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko