解錠にはキーパッドやRFIDアクセスを選択可能。RFIDではビル内で利用されるRFIDカードと同じIDを使用して、キャビネットなどラックレベルのアクセス権を制御することを可能としている(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 サウスコ・ジャパンは25日、コンピュータやサーバの筐体を格納するラック用の「自己制御型電子ロッキングシステム」を発表した。

 「自己制御型電子ロッキングシステム」は、厳重なセキュリティ管理が求められるラック用途に向けたシステムで、既存のエンロージャやキャビネットの機械式ロックを、容易に電気式ロックへと切り替えることを可能としている。制御装置、電子ロック機構、電源の各機能が組み込まれた一体型の本体で、別コンポーネントへの配線や接続などを必要としない特徴を持つ。

 ラックレベルのセキュリティでは機械式ロックが一般的だが、同システムへ切り替えることで、ネットワークと接続して電子署名などの監査証跡や、機器へのアクセス状況を遠隔監視して、履歴を記録することなどが可能となる。

 また、ビルで使われている既存の入退室管理用のIDバッジを、同システムのキーとして利用できるなど、利便性の面でもリプレイスに最適といえる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI
オフィスセキュリティ特集