登頂とスタンプラリー、スマホを持って山に登れば2つの達成感

写真拡大

山岳雑誌「山と渓谷」を出版する山と渓谷社は、登頂記念スタンプラリーに参加できるスマートフォン(スマホ)向けアプリ「YAMASTA(ヤマスタ)」を2015年9月中旬に公開する。iOS/Android対応、ダウンロードおよび利用料金は無料。

「奥多摩10座」「丹沢8座」「富士山」「高尾山」など7つのスタンプラリー用意

「奥多摩10座」「丹沢8座」「八ヶ岳8座」「北アルプスベーシック6座」「富士山」「高尾山」「山グルメ」、用意されている7つのスタンプラリーから参加したいイベントを選択。スマホのGPS機能を利用し、山頂や山小屋など所定の場所でチェックイン(現在位置を確認)することで、スタンプ帳に「デジタルスタンプ」を収集できる。取得すると「ヤッホーポイント」が貯まり、累積ポイントに応じて7段階の「ヤッホーレベル」が上がる。

対象の山を巡ってコンプリートを目指し、ラリー達成で「マスタートロフィー」を獲得できるほか、様々な隠れトロフィーも用意される。各ラリー先着50名に、山の土産ブランド「Yamasanka」とコラボレーションした記念ピンバッジがプレゼントされる。

今後も「百名山」などのスタンプラリーを随時追加し、日本全国の山を網羅することを目指すとしている。