これがワールドカップの厳しさであろうか。あの歓喜の夜から4日、英国はグロスターで、南アフリカ戦の再現はならず、日本代表の戦士たちは疲労と完敗(10−45)によるショックに打ちひしがれていた。疲労困憊(こんぱい)のリーチ マイケル主将(東芝)が声を落とす。

「中3日(の試合日程)は言い訳にできない。そのために練習してきた。相手のプレッシャーと自分たちのミスで流れが変わった」

 確かに、この中3日を想定し、日本はあえてタフな日程でのテストマッチやトレーニングを課してきた。だが、やはりW杯は別物である。激闘の南ア戦による心身の疲労が消えているわけがないだろう。

 逆にここが初戦のスコットランドは準備万全だった。日本を分析し、素早い連続攻撃を封じ込むため、まずはスクラムハーフのレイドローがハイパントを蹴ってきた。序盤、そのボールをリーチがめずらしくキャッチミス。さらに最初のスクラムでは、左プロップの稲垣啓太(パナソニック)がコラプシング(スクラムを故意に崩す行為)の反則をとられた。

 レフェリーはアイルランド人だった。どうしても、同じ欧州のスコットランドのほうがレフェリーの笛に慣れている。稲垣は笛を吹かれた瞬間、「えっ、と思った」という。

「相手の3番(右プロップ)が落ちたと思ったんですけど、僕のおしりの方が相手より高かったから(反則を)とられた。落ちたと判断されたんでしょうね」

 この日のスクラムは、日本ボールが2本に対し、相手ボールは9本だった。それだけ、日本にノックオンが多かったということである。その他、フルバック五郎丸歩(ヤマハ発動機)のPG失敗やイージーミスが相次ぐ。それでも、ゴールライン直前のフルバック五郎丸の猛タックルでトライを逃れるなど、前半は7−12でしのいだ。

 ハーフタイム。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)は選手たちに声をかけた。「我々のベストプレーができていないのに、5点差しかない。十分、イケるぞ!」

 後半開始直後、活躍していたナンバー8のアマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズ)が負傷で退場した。これは大きな痛手だった。

 加えて、疲労からだろう、総じてタックルが若干高くなった。コンタクト後の1歩、2歩が弱くなった。ブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)では相手に絡まれ、生きたボールが出せなくなった。プレーの精度が低い。これでは、下馬評が高くないとはいえ、過去のW杯で7回中6回、決勝トーナメントに進出している強豪スコットランドに勝てるわけがなかった。

 後半24分。相手ゴール直前、センター田村優(NEC)からマレ・サウ(ヤマハ発動機)に通すパスがインターセプトされ、相手ウイングのシーモアに約70メートルを走り切られた。これで2トライ(ゴール)以上となる21点差に広げられ、勝敗の帰趨(きすう)は決まった。

 後半だけで5トライを献上。司令塔役のスタンドオフの25歳、立川理道(クボタ)は言う。

「コミュニケーションが取れずに、(お互いが)かぶってしまい、オブストラクションの反則をとられた。特に後半は相手がブレイクダウンに絡んできて、スローテンポにされてしまった。インターセプトは仕方ない。相手がうまかった」

 日本の標榜する『アタッキング・ラグビー』の生命線は、ブレイクダウンでの早い球出しである。なぜか、南アはそこにしつこく絡んでこなかった。でも、スコットランドは違った。日本を分析した結果である。

 ということは、おそらく次のサモア、米国もまた、ブレイクダウンではボールに絡んでくることになるだろう。対抗策としては、ボールキャリアの質を高め、2人目、3人目の寄りを早くするしかない。さらには的確な判断、瞬発力が求められる。

 これで1次プールB組の決勝トーナメント進出争いは混とんとしてきた。日本の救いは、次のサモア戦まで中9日ということである。サモアは個々のフィジカルが強く、パワフルでもある。

 リーチ主将が「体をリフレッシュし、頭脳もリフレッシュし、いい準備をしていきたい」と言えば、ジョーンズHCは冗談口調でこう続けた。

「まだベスト8のチャンスは待ち構えている。(サモアと)殴り合って、スピードアップして、前進していく」

 カギは、コンディショニングである。加えてサモアの分析、意識の徹底、勝利への執着、チーム一丸......。目標の決勝トーナメント(ベスト8)進出をあきらめない。

松瀬学●文 text by Matsuse Manabu