9月18日、マンシングウェアレディース東海クラシック(9月18日〜20/愛知県)のファーストラウンド。知多半島を長靴に例えるなら、踵(かかと)あたりに位置する新南愛知カントリークラブには、赤トンボの群れが舞い、晩夏から秋へ、季節の変わり目であることを告げていた。

 今季の女子ツアーも、はや残り11試合。シーズン終盤戦に突入し、賞金女王の行方などに話題が及び始める頃、8月のCAT Ladies(8月21日〜23日/神奈川県)2位タイでシード復活を確定的としたゴルファーのことなど、多くのギャラリーは気にも留めない。それでも、金田久美子の復活劇の裏には、何らかの進化や成長があるはずだ――。

「パットやろうね」

 3歳のときに初めて娘にゴルフクラブを握らせ、その後、指導を続けた父・弘吉氏はそう言うと、8番ホールのグリーンに視線を送った。すらっと背の高い、ヒョウ柄のショートパンツを履いたプレーヤーのパットがカップに入り、カランと秋晴れの空に乾いた音が響いた。

 金田は昨年、賞金ランク58位に終わり、3年間保持してきたシード権を喪失。初日を終え、クラブハウスに戻った金田に昨季の不調の原因を聞くと、「パットの不調です」と語り始めた。

「人生が終わったと思った(笑)。もう1mのパットも入らない。ピンそばに限りなく寄せないとバーディーが取れないんで、寄せなきゃ、寄せなきゃって気持ちが焦りにつながって、ショットも悪くなる悪循環で......。今季はパットの打ち方を変えたんです。ヒジの曲げを大きくし、スタンスを広げて、よりスタンダードに近づけました。ストロークの練習は毎日やってます。今シーズンも前半戦はパットがよくなかったんですけど、6月くらいから少しずつよくなってきて」

 そして、彼女は、もうひとつ変えたことがあると教えてくれた。

「目標を下げたんです。去年までは、出る大会は全部優勝しようと思ってました。でも、足もとを見つめ直したというか。今の実力は、そこまでじゃない。今は優勝が目標じゃダメだ。目の前の目標をひとつずつクリアしていこう。『まずは、シード権を取ること』って目標を変えたんです」

 シード権をほぼ確定させ、「何か自分へのご褒美は?」と聞くと、「特に何も」と素っ気ない返事が返ってくる。

「自分へのご褒美を買っていいほど、全然、稼いでないんで。なんか以前より、考え方がマジメになりましたね。今は生活の中でゴルフが最優先。プロなら当たり前なんですけどね(笑)。少しは大人になったのかな。私、変わったんです」

 彼女は自身のことを「変わった」と言う。だが、「何も変わらない」という人物もいた。

 セカンドラウンド、金田のプレーを見つめる服装が少し派手目な集団がいた。彼女たちは、金田の地元の友だちだった。

「すごい寂しがりやで、地元で試合があるときに『応援に行こうか?』って聞くと、『きて、きて、きて!!』ってうるさいのは昔から変わらない(笑)。でも、寂しがりやのくせに、ゴルフの成績が悪くて落ち込んでるときは、絶対自分からは連絡してこない。気を使わせちゃうって思ってるんだろうね。そんなとこも変わってないよね」

 ただ、「変わった部分もある」と別の友だちが言った。

「練習量が昔とは全然違う。プロになったときに一度変わったんですけど、最近また変わって。前はオフの日は絶対にクラブを握らなかったのに、今はオフの日に会う約束をしても、練習してから来るんですよね。『明日、早いから帰って寝なきゃ』って帰るのも早いし」

 以前、大会で金田がパーパットを沈めると、ギャラリーから「ナイスバーディー!」という声援が上がったことがある。もしやと思い聞いてみるとビンゴだった。

「それ言ったの、うちです(笑)。ルールはいまだにわかんなくて。でも、クミのことはずっと応援します。友だちだから。ゴルフはあんま興味ないけど(笑)」

 その派手な見た目はもちろん、ギャラリーに笑顔を振りまくわけでもない。勘違いされる要素はいくらでもそろう。しかし、スランプ中は眠れぬ夜を数え、ゴルフ場に近づくだけで涙をこぼす繊細さを金田は持ち合わせている。

 セカンドラウンドを終え、クラブハウスでアイスモナカを頬張る彼女に、その繊細さゆえ、いつか突然ゴルフをやめてしまう日が来るのではないかと思っていたことを伝えた。

「やめないです(笑)。だって仕事だし、できることこれしかないから」

 彼女は、そう言って笑った。

 では、シード権獲得という目標の次には、どんな目標を設定しているのか?

「リコーカップに出ること。その次の目標は、リコーカップに出場できてから考えます」

 ツアー最終戦、11月に行なわれるLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月26日〜29日/宮崎県)には、その年のツアー優勝者と賞金ランキング上位25位までが出場できる。現在、金田の賞金ランキングは30位(2348万4833円/9月23日時点)。目標達成にはさらなる賞金の上積みが必須だ。それでも、彼女の表情は明るい。

 最後に聞いた。今、ゴルフは好きですか?

「フツーです。前は大っ嫌いだったのに(笑)。だから、どれだけ練習しても苦じゃないです」

 アマチュア時代、"天才少女"と謳(うた)われた金田久美子。波瀾に満ちたゴルファー人生を歩み続け、彼女はまだ自分が何者かになれるのか知らない。どこまでいけるかもわからない。ただ、目の前に果てしなく続く階段を上り続ける覚悟は決めた。

 そんな彼女に"復活"という言葉を使うのは失礼だろう。いつか、2011年のフジサンケイレディスクラシック以来となるツアー2勝目をあげる日まで、その2文字はとっておきたい。

水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro