香川真司は主に左のインサイドハーフでの起用となっている【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

左インサイドハーフで起用される香川真司

 今季、トーマス・トゥヘル監督の下で好スタートを切ったドルトムント。結果はもちろんのこと、チームの戦術やメンタル面にも昨季とは大きな違いがある。その新監督が施したチーム改革から序盤の快進撃を支えた3つの要素が見えてくる。

----------

 ひと段落した気配がある。ブンデスリーガの第6節を終えて、狂騒の主役となったのはロベルト・レヴァンドフスキだった。

 バイエルン・ミュンヘン所属のポーランド代表は、22日のボルフスブルク戦で51分から9分間で5得点を決める。24日付の『キッカー』誌は「信じられない一夜」と題して、咆哮するレヴァンドフスキを表紙に載せた。

 一方、23日にホッフェンハイム戦を引き分けたドルトムントについては「トゥヘルにとって初めての勝ち点喪失」と題して、小さく「ドルトムント、たった1:1」とある。監督トーマス・トゥヘルの写真も控えめだ。

 しかし「1:1」というスコアを「たった」と感じさせてしまうのが、今季のドルトムントでもある。公式戦の連勝記録は11でストップした。そうかと言ってBVBの勢いは失われてしまったのだろうか。

 香川真司は「いつかは連勝は止まりますし、それが今日で、ただ負けてはいない」と捉えている。BVBは一旦呼吸を整えて、再び走り出そうとしているところなのだ。

 ここでは、開幕からの流れがひと段落したところで、トゥヘル体制におけるドルトムントの昨季との違いを、簡単にまとめてみたい。

 まずは戦術である。ユルゲン・クロップ前監督は、布陣を主に4-2-3-1で戦った。ワントップに香川とロイスのツー・シャドーといった形を試したこともあったが、あくまで変則的な例に留まっている。昨季、香川は4-2-3-1のトップ下で起用された。そしてプレッシング、ゲーゲンプレッシングを軸とする。

 対してトゥヘルは、4-1-4-1または4-1-2-3とも表記できる4-3-3を基本布陣とする。3トップに、2人のインサイドハーフ、ワンボランチといったところだ。香川は主に左のインサイドハーフでの起用となっている。

酒井宏樹が感じたドルトムントの自身

 もっとも、各自が布陣を厳守し、持ち場を離れないということではない。ポジションは流動的で、香川は後方でビルドアップに関与することがあれば、ゴール前でフィニッシャーとしての役割を果たすこともある。

 そこでトゥヘルや香川がよく口にするのが、「リズム」という言葉だ。トゥヘルは、クロップが構築したプレッシング・スタイルに、ボール・ポゼッションを付け加えた。流動的なポジション・チェンジとパス交換のために、今季のドルトムントは「リズム」を重要視する。

「リズム」が良ければ、攻撃時の陣形は整い、ボールロストの際にも素早くプレッシングに移行することができる。そしてクロップ時代の爆発的なカウンターを忘れたわけではない。ポゼッションにこだわり過ぎることもなく、機を見て香川がダイレクトにパスを送るなど、オーバメヤンやロイスが瞬時に相手のゴールを陥れる。

 抽象的な感覚になるが、「リズム」が整っているかいないか=ドルトムントのサッカーが上手くいっているかいないか、を知る1つの目安と言えるだろう。

 またメンタル面が昨季に比べて改善されている。逆転勝利した9月12日のハノーファー戦では、ドルトムントについて酒井宏樹が「選手たちに自信もある」と感じている。

 トゥヘルがムヒタリヤンと対話を繰り返して、「自信」を植え付けることに成功したことは最たる例だが、連勝に内容が伴うことでBVBは「自信」を重ねていった。ハノーファー戦で先制を許しても、香川は「焦りはなかった」と言う。その17分後にPKをオーバメヤンが決めて、「また自信と勢いが付いた」。

 酒井は「自信があるから高い位置を取れるところもある」とも言う。昨季に苦しんだ引いた相手を崩し切るために、3トップに加えて、今季の両SBは高い位置を取る。また酒井は「攻撃に厚みがあるのは間違いない」と話した。

試合を重ねることで懸念される課題とは

 トゥヘルが敬愛するペップ・バルサが、高い位置に上がった右SBダニ・アウヴェスにサイドチェンジからピタリとボールを入れるように、香川は何度もギンターにパスを送る。引いて中を固められた時に、香川によれば「ボールと逆サイドの選手の動き出しがすごく大事」なのだという。自信がまた、戦術に厚みをもたせている。

 そして新戦力の存在である。ペップ・バルサをロールモデルとするトゥヘルは、長身痩躯の19歳の選手を発掘して、いわゆるピボーテに据えた。ユリアン・バイグルの風貌は、かつてFCバルセロナを率いたヨハン・クライフがリーガエスパニョーラにデビューさせた、19歳のペップ・グアルディオラを彷彿とさせる。トゥヘルが、バイグルに在りし日のペップそのものを見たとしても不思議ではない。

 そしてバイグルは、今季のドルトムントに「リズム」を産む欠かせない存在となっている。的確なポジショニングで、正確無比にパスを散らす。確かな技術に裏打ちされたシンプルなプレー。才能は、巨大で底が知れない。9月7日付の『キッカー』誌は「ボルシアのエレガントなパスの王様」と評する。

「リズム」×「自信」×「新戦力」――。概ねこの図式が、これまでのBVBの快進撃を支えてきたと言えるだろう。そこで今問題なのは、疲労が蓄積する中でローテーションを採用し、若干の先発の入れ替えがあると、この図式が崩れてしまうことだ。

 カウンターに苦しんだ17日のELクラスノダール戦、そして23日のホッフェンハイム戦は最たる例と言えるだろう。特に中盤の香川、ギュンドアン、バイグルはこの図式を支える重要な3人と言える。

 つまり、ローテーションを採用したとしても、この図式を維持できるかが、再び走り出すドルトムントの課題と言えそうだ。

text by 本田千尋