人工知能は料理の夢を見る:シェフ・ワトソンをつくった若き天才と未来の「創造性」#wiredai

写真拡大

9月29日開催の人工知能カンファレンス「WIRED A.I. 2015」に登壇するラヴ・ヴァーシュニー。無限の食材の組み合わせを提案する人工知能「シェフ・ワトソン」をつくった若き天才の思考に、予防医学の俊英・石川善樹が迫る!(『WIRED』VOL.17より転載)[WIRED A.I. 2015のチケットは完売いたしました。]

「人工知能は料理の夢を見る:シェフ・ワトソンをつくった若き天才と未来の「創造性」#wiredai」の写真・リンク付きの記事はこちら
ラヴ・ヴァーシュニー|LAV VARSHNEY
1982年ニューヨーク州生まれ。イリノイ大学准教授。コーネル大学、MITを経て、2010〜13年にIBM Thomas J. Watson Research Centerのリサーチメンバーとして「シェフ・ワトソン」の開発に参画。情報理論、集団的知性、信号処理、データ解析、神経科学、計算創造学などを研究/関心領域とする。

2015年4月、前代未聞の料理本が発売された。驚くなかれ、65を超えるレシピを考案したのは、シェフ・ワトソンという人工知能が搭載されたコンピューターなのだ。

「コンピューターに創造ができるのか?」という問いは、人工知能研究における「最後の地平」とも呼ばれ、機械創造学(Computational Creativity)という新たな学問分野を築きつつある。具体的には、料理、詩、音楽、ファッション、研究など、いわゆる創造的な活動をコンピューターに実行させることを目的としている。

もちろん、コンピューターに創造性を発揮してもらうのは、決して簡単なことではない。しかし、近年、この難問に対して見事な道筋をつけた男がいた。彼の名は、ラヴ・ヴァーシュニー。IBMでシェフ・ワトソンの開発を率いた、若き天才である。

少し歴史を振り返ると、シェフ・ワトソンの開発がはじまったのは、2011年のことだ。IBMは、人工知能分野でビジネスの新たな先鞭をつけたいと考えており、白羽の矢を立てたのが、当時わずか29歳のヴァーシュニーだった。

ある試算によれば、わたしたちはまだ、「0.0000001パーセント」の料理にしか出会えてないという。そもそも、世界中の食材がこれほど身近に手に入る流通網ができたのは、最近のことだ。それこそ無限とも思える食材の組み合わせが、まだほとんど試されていないのは当然のことだろう。だからこそ、いまでも日々新たなレシピが誕生し、わたしたちの舌を喜ばせているのだ。

しかし、料理はきわめて創造性が求められる分野であり、ランダムに食材を組み合わせるだけで、新しい味が誕生するわけではない。そこで求められるのが、「創造のできる人工知能」である。

例えば、一流シェフの思考プロセスを模した人工知能ができれば、これまで誰も思いつかなかった「健康的でおいしい」レシピが誕生することになる。そうすると、わたしたちの食生活はきわめて健全なものになり、肥満や糖尿病といった、食生活に関連する課題が一気に解決できるかもしれない。

もちろん、ビジネス上のインパクトも無視できない。フードビジネスは、世界経済のなかで大きな割合を占めている。人工知能によって、そこに少しでも食い込むことができれば、企業にとって新たなビジネス創造の機会になる。

以上のような背景をもとに、2011年、若きヴァーシュニーは「シェフ・ワトソン」の開発にとりかかった。

創造性を数式で表現すると?

ヴァーシュニーがまず取り組んだのは、「いかにして創造性を数式で記述できるか?」という問いだった。というのも数式で表現できない限り、コンピューターに創造的な活動を実施させることができないからだ。

彼が見事だったのは、きわめてシンプルに創造性を数学的に定義したことだ。具体的にいうと、「質」と「新しさ」というたった2つの変数を用いれば、コンピューターに創造的な活動をさせることができると提案したのだ。例えば料理の場合、「質」とはおいしさであり、「新しさ」とは味わったことのない驚きとして定義される。

このアイデアをもとにして、ヴァーシュニーらはわずか数年の間に、新しくておいしいレシピを提案する人工知能(シェフ・ワトソン)を開発した。実際に提案されたレシピを、プロのシェフに見てもらったところ、「この食材を組み合わせてもうまくいくはずがない」と最初は思われたという。しかし、「とにかく試してみませんか?」と促されて実際につくってみると、「ワォ! これは…すごくイイ!」と高い評価を得た。

そしてプロジェクトの開始から3年後の2014年、米テキサス州オースティンで開かれたSXSWで、シェフ・ワトソンはお披露目された。実際にシェフ・ワトソンが提案したレシピが味わえる屋台も設置され、雨にもかかわらず長蛇の列ができ、大成功を収めた。

こうしてシェフ・ワトソンは、コンピューターに創造性を発揮させるという、人工知能の新たな地平を切り開いた。次はどこに向かうのだろうか? 現在はIBM社を辞し、イリノイ大学で研究を行うヴァーシュニーに、直接話を聞いた。

満員御礼!
人工知能カンファレンス「WIRED A.I. 2015」9/29開催

世界をリードするAI研究者たちとともに、人と機械と社会のこれからを考える「秋の特異点祭り」。12月1日発売の『WIRED』VOL.20「人工知能」特集では、カンファレンスの内容をレポートするほか、登壇者たちのオリジナルコンテンツを掲載。日本を率いるAI研究者たちの思考から、AI社会の未来をひも解いていく。詳細はこちらから。


TAG

AIIBM WatsonSingularityWIRED A.I.WIRED Conference

ヴァーシュニーが所属する電子工学研究室に置かれていた回路基板。

ワトソン vs. 料理の鉄人

──シェフ・ワトソンの次なる課題は何でしょうか?

「味覚のパーソナライゼーションです。いまのシェフ・ワトソンは、あくまで一般的な人間を想定したシステムのため、特定の人の味覚を考慮したものではありません。これはアルゴリズムの問題というより、データが取得できるかというチャレンジです。例えばわたしの過去20年分の食事データがあれば、自分に合ったレシピをつくり出すのは容易になります。この味覚のパーソナライゼーションが実現されると、あなた自身よりもコンピューターの方が、あなたが食べたいものを理解するようになります」

──これから料理の未来はどのようなものとなるのでしょうか?

「ロボット・シェフが誕生すると思います。いまは、食材、量、料理の手順をシェフ・ワトソンが提示し、それをもとに人間のシェフが調理を行っています。しかし、将来は自動で料理をつくることができるロボットが登場すると考えています。そのときは、ロボット・シェフが料理の鉄人と闘うのをテレビで見てみたいですね(笑)」

──いまはどのような研究をしているのでしょうか?

「イリノイ大学に移ってから取り組んでいるのは、創造性に関する理論の構築です。とくに、創造性の限界を数学的に表現できないか研究をしています。例えば、通信には、伝達できる情報量に限界があるという、シャノン限界があります。またエンジンでも、燃焼効率には限界があるという、カルノーの定理があります。同様に創造性においても、それを人間が行うのであれ、コンピューターが行うのであれ、その限界を理論的に構築できれば、逆につくられたものがどれほど創造的なのか定量的に表すことができると考えています」

──最後に、クリエイティヴの未来について、お考えを教えてください。

「何かを創造するということは、人間にとっても、コンピューターにとっても、簡単なことではありませんが、抱えるチャレンジは異なります。人間にとってみれば、膨大な組み合わせのなかで何を選ぶのかということが、イノヴェイションやクリエイティヴの妨げになっていると考えられます。しかし、コンピューターの力を借りることで、何千兆ものアイデアを一気に試してみることができるので、もしかするとそれはアートというものをまったく新しく定義し直すかもしれません。今回は料理を題材としてクリエイティヴを考えてきましたが、今後もさまざまなクリエイティヴ領域に適用可能となっていくことでしょう」

インタビューを終えてみて、感じたことがある。人工知能というものが現実味を帯びて以来、それが人間の仕事を奪うのではないかと、悲観的な議論が起きている。しかし、ヴァーシュニーが描く未来は、すこぶる明るく、そしてやさしかった。その理由はおそらく、彼が信じているのは、「人間が秘める無限の可能性」だからだと思う。それを最大限引き出すために、ヴァーシュニーは日々「創造のできる人工知能」を研究している。彼が描くクリエイティヴの明るい未来に、今後も期待していきたい。

12/1『WIRED』 VOL.20「AI特別号」発売決定!

9/29に開催する、世界をリードするAI研究者たちとともに人と機械と社会のこれからを考える「秋の特異点祭り」。12月1日発売の『WIRED』VOL.20「人工知能」特集では、カンファレンスの内容をレポートするほか、登壇者たちのオリジナルコンテンツを掲載。日本を率いるAI研究者たちの思考から、AI社会の未来をひも解いていく。詳細はこちらから。


TAG

AIIBM WatsonSingularityWIRED A.I.WIRED Conference