普段はなかなかお目にかかれない、レアなドイツビールを飲み比べできるチャンス!なかには日本初上陸のビールも

写真拡大

10月2日(金)から10月12日(祝)まで、シンボルプロムナード公園 セントラル広場(東京都江東区)にて「お台場オクトーバーフェスト2015」が開催される。

【写真を見る】ドイツ楽団によるステージは必見!ビール片手に盛り上がろう

近年は日本においても、ビール好きにはお馴染みのイベントとなっているオクトーバーフェスト。現在では全国各地に広まり、主に春から秋にかけて開催されているが、発祥の地であるドイツ・ミュンヘンではまさに今がシーズン!心地よい秋風を感じながら、本場の空気をより堪能できるのが、この時期のオクトーバーフェストの醍醐味だ。

会場に集結するドイツビールは、なんと約70種類!日本初上陸の「アウグスティナー ラガービア ヘル」を筆頭に、オクトーバーフェスト初登場の「アルピルスバッハー ヴァイツェンビール」「ラングブロイ ヴァイスビア」など、魅力的なラインアップがそろう。

さらに、ビールと相性抜群のフードは、約80種類という充実ぶり。ソーセージやグリルチキンなどを豪華に盛り合わせた「ケーニギンプレート」は、ドイツの定番メニュー。その他、「ゴロゴロ野菜とグリルチキン」や「ステーキプレート」も見逃せない!

おいしいビールとフードに華を添えるのは、ドイツ楽団によるステージ。本国より来日した楽団が民族衣装を身にまとい、民族音楽やヒット曲などを披露する。なかでも“乾杯の歌”は、見ず知らずの人とのコミュニケーションが生まれることも多く、毎回大いに盛り上がるのだとか。

お台場が本場ドイツさながらに、ビール一色に染まる同イベント。会場の雰囲気も合わせて楽しみつつ、極上のドイツビールで乾杯しよう!【東京ウォーカー】