「日没の冥王星」画像が示した大気と地形変化の謎

写真拡大

このほど公開された「日没時の冥王星」を撮影したパノラマ写真は、科学者たちを驚かせている。低い地表における「もや」や、凍った窒素の循環について示唆するものだからだ。

「「日没の冥王星」画像が示した大気と地形変化の謎」の写真・リンク付きの記事はこちら

このほど公開された冥王星のパノラマ写真は、科学者たちを驚かせている。冥王星の低い地表における「もや」や、凍った窒素の循環について示唆するものだからだ。

冒頭の写真は7月14日、米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星に最接近してからわずか15分後に撮影されたものだ。日没の直前に撮影され、太陽の逆光を受けるこのパノラマ写真は、冥王星の複雑な地形と、謎めいた大気の様子を明らかにしている。

関連記事:冥王星を見ているとき、わたしたちが本当に目にしているもの

拡大すると、何層にも重なる大気がわかりやすい。大気が、地面の近くから100kmを超える上空にまで伸びている様子がわかる。

この写真では、地表から立ち上る「もや」が見える。

これらの写真からは、冥王星には地球と同じように日々の天候パターンが存在することも窺い知れる。しかし、冥王星の天候と地質に影響を与えている要因についてはまったくの謎だ。凍った窒素を含んだ氷が、スプートニク平原へと流れこむ氷河を形成しているようだ。

赤い矢印の部分では、凍った窒素と見られる氷が集まり、それが青い矢印で囲まれたスプートニク平原に流れ込んでいると考えられる。

「太陽系外縁部における極寒の条件下にある冥王星で、窒素を主成分とする氷河の循環を示唆する現象が見つかるとは思っていませんでした」とニュー・ホライズンズの地質学・地球物理学・画像撮影(GGI)チームのメンバーであるヴァージニア大学のアラン・ハワード教授は語っている

「わずかな太陽光によって引き起こされるこの循環は、地球でいえば氷帽(陸地を覆う5万km2未満の氷河の塊)を生み出す水循環に相当します。この水循環では、水が海から蒸発して雪になって降り、氷河流としてまた海に戻るのです」とハワード教授は説明し、冥王星にこれほど「地球的」な現象が見られるとは誰も予想していなかったと付け加えた。

TAG

NewHorizonsPlutoSpaceVideoWIRED UK