日本アニメ(ーター)見本市 第33弾「世界の国からこんにちは」予告公開

写真拡大

ドワンゴとカラーは、日本アニメーションの可能性を探る共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」において、9月21日(月)より、第33弾作品「世界の国からこんにちは」(監督:片山一良)の予告編映像を公開した。

9月28日(月)には、制作陣の片山一良氏などが出演し、「世界の国からこんにちは」の制作秘話を語る「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」を放送する。

■第33弾作品 予告情報
配信日:9月25日(金)
タイトル:「世界の国からこんにちは」
原案・脚本・監督:片山一良
ロボットデザイン:出渕裕
キャラクターデザイン:高遠るい
作画監督:小曾根正美
アニメーション制作:ブリッジ
作品概要:
 舞台は少し未来。
 お台場で開催中の万国巨大ロボット博覧会の会場にてデモンストレーション中の
 日本代表ロボットが原因不明の暴走状態に陥って会場近隣の施設を破壊しまくる。
 警察や自衛隊ではらちが明かず、日本政府と博覧会協会事務局の要請を受けて
 起動中のアメリカとロシアのロボットが事態を収拾するために出動するが、
 日本のロボットの勢いはすさまじく、乱闘となる。
 更に装填されているはずのないミサイルが発射されたり、充填されているはずの
 ないエネルギービームが放たれたりと、会場もろとも周辺は戦場と化す。
 とばっちりを受けた英国、中国、ドイツのロボットが勢いで参戦、バトルロワイヤルとなる。

 生き残るのは誰だ?

■ニコニコ生放送 番組概要
番組名:「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第33回
放送日時:2015年9月28日(月)22時〜23時(予定)
出演者:片山一良、ほか
番組内容:「世界の国からこんにちは」の制作秘話や作品に込めた想いなどをうかがいます。
© nihon animator mihonichi LLP.

■「世界の国からこんにちは」

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・安保法案の影響なし!内閣支持率急回復!ニコニコの9月度「月例ネット世論調査」結果発表
・前代未聞の組み合わせ!YOSHIKI vs. マックスむらいイカや太鼓の達人などガチンコゲーム対決
・日本アニメ(ーター)見本市 第32弾「新世紀いんぱくつ。」予告公開
・福岡県福岡市でニコニコ町会議を開催!会場来場者数1万人、ネット来場者数25万人以上を記録
・野外音楽フェス「イナズマロックフェス2015」開催記念特番をニコ生で7夜連続放送中