写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○GPUは超低速プロセサ

図3-28に示したように、GPUは、演算命令を処理するには10〜20サイクルを必要とし、ロードストア命令を処理するには400〜800サイクル掛かる。仮に、実行する命令の70%が演算命令、30%がロードストア命令とすると、中央値を取って、1命令あたりの平均的な処理サイクル数は15×0.7+600×0.3=190.5サイクルと計算される。そして、クロックが1GHzとすると、1命令を実行するのに190.5ns掛かることになる。

一方、IntelのCoreプロセサなどでは、1命令を処理するのに必要なサイクル数は1〜2サイクル程度であり、クロックを2.5GHzと想定すると、1命令を実行する時間は0.6ns程度ということになる。

つまり、命令の実行時間の比は190.5対0.6で、GPUはCPUと比べると317.5倍遅い超低速プロセサである。そんな物好きな人はいないと思うが、殆ど並列性の無いgccコンパイラをGPUに移植したとすると、この程度の性能比になると思われる。

しかし、速度の測り方は色々とある。スポーツカーとバスのどちらが速いかと聞かれれば、普通はスポーツカーと答えるのであるが、50人を目的地まで運ぶ場合はどちらが速いかと言われれば、スポーツカーで50往復するよりも、バスで50人を1回で運ぶ方が速いに決まっている。

CPUは、乗客は助手席に1人乗せられるだけであるが、とにかく速く走れるように設計されたスポーツカーであるのに対して、GPUは定員一杯の乗客を乗せた場合に最大の効果を発揮するバスである。

そして、バスのメリットをフルに発揮するには、運行する全区間で、満員の乗客を乗せて走る必要があり、これに近い状態で運行することが重要である。そして、乗客として、バラバラのところに行く人を集めてもだめで、まとまって同じ目的地(米国のスクールバスの場合は学校)に行く人を集めなければならない。これをGPUの用語で言うと、並列に実行できる最大スレッド数に近い数の、ほぼ同じ処理を行うスレッドを集めて並列処理を行うことがGPUの効率を発揮するためには欠かせないということになる。

(Hisa Ando)