「バイオテクノロジーには芸術家のマインドセットが必要だ」オロン・カッツ(バイオアーティスト)

写真拡大

オロン・カッツは、再生医療技術でつくるミニチュア人形や、フラスコの中で育てる衣服用の皮革など、バイオテクノロジーを用いた芸術作品をつくるバイオアーティストだ。彼は生命を支配しようとする世の中の動向に対して、アートによって警鐘を鳴らしている。

「「バイオテクノロジーには芸術家のマインドセットが必要だ」オロン・カッツ(バイオアーティスト)」の写真・リンク付きの記事はこちら

オロン・カッツは、西オーストラリア大学の解剖学・生理学・人間生物学科併設のバイオアート研究センター「SymbioticA」を2000年に創設し、バイオアートの世界を牽引してきた。

六本木アカデミーヒルズで10月14日(水)より3日間開催される、都市とライフスタイルの未来を描く国際会議「Innovative City Forum(ICF)」で基調講演スピーカーとして来日する彼に、一足先にインタヴューを行った。

Innovative City Forum 2015

>>参加申し込みはこちらから

開催日時:2015年10月14日(水)〜10月16日(金)
開催場所:六本木アカデミーヒルズ(六本木ヒルズ森タワー49階
参加費:各日5,000円(税込)
*国際交流基金アジアセンターセッションのみご参加の場合、1セッション1,000円(税込)です。
定員制、先着順での受付となります。


──あなたは1996年ごろからバイオテクノロジーを用いた芸術表現に挑戦してこられた先駆者です。約20年の間に、テクノロジーも大きく進化したと思いますが、この分野で芸術表現をしようと思われた理由を教えてください。

わたしはそもそも、デザインを学んだ人間であり、科学者でも芸術家でもありませんでしたが、デザイン的なテーゼから、1996年に現在の活動を開始しました。当時、この分野で活動しているアーティストは少なく、バイオテクノロジーやバイオシステムにまつわる議論は非常に楽観的でユートピア的でしたが、次第にその問題点が明らかになってきました。つまり、バイオテクノロジーや生態系を、より哲学的、倫理的、あるいは環境の観点から捉える必要性を感じたのです。それが、わたしが芸術家としてこのテーマについての研究を継続しようと思った理由です。

われわれ人間がバイオテクノロジーを求めるとき、そこにはふたつの理由があると考えます。ひとつはより良い社会をつくるため、そしてもうひとつは、生命を支配するためです。そしていま、多くの合成生物学や生物体系(バイオロジカルシステム)に関連する研究は、後者、すなわち人類をさまざまな危機から救うためという大義名分のもと、バイオテクノロジーをよりビジネス的な目的のために使い、開発しています。

しかし、そうしたマインドセットで世界を正そうとするのは、非常に危険な行為でもあります。わたしは芸術家として、そこに警鐘を鳴らしたいのです。Life=生命とは、本来、操作するものではありません。この20年の間に、テクノロジーは確かに進化したかもしれませんが、生物体系に対するわれわれの理解や知識は、未だに非常に表層的です。わたしたちは、もっと広い視野で、生物体系への理解を深める必要がありますし、他の生物への敬意をもつべきだと感じています。

──つまり、テクノロジーのアンチテーゼとして芸術がある、という考えですか?

芸術家は、常に新しい技術や素材と向き合い、実験することで、新しい表現を開拓してきましたし、それらが芸術表現の主題ともされてきたわけです。そう考えると、科学と芸術はそもそも非常に近い存在であり、このふたつがコラボレーションをするのは自然の成り行きといえるでしょう。3Dプリンティングにしてもそうでしょう? わたしにとっては、再生医学を哲学的な芸術表現として捉えることが主題であるわけで、そのとき、バイオテクノロジーはわたしの芸術表現にとって欠くことのできない技術です。

しかし、先にも述べたように、バイオテクノロジーというのは、非常に実用本位になりがちな分野です。そこに、わたしたちのような芸術家のマインドセット、つまり、より哲学的、倫理的な見地を取り入れることで、均衡を保たせようとしているのです。

「Victimless Leather」:衣服のための皮革を育てることはできないだろうか? カッツは、バイオテクノロジーを倫理的な観点から捉える問いを探求した結果、この作品に辿りついたのだという。Artwork by The Tissue Culture & Art Project (Oron Catts & Ionat Zurr)

──「Semi-Living Steak」や「Semi-Living Leather Jacket」 は、まさにバイオテクノロジーのパラドックスを象徴する作品ですね。

そうですね。バイオテクノロジーは主に、医療や農業の分野に応用されてきました。つまり、病気を治療するため、あるいは人々を飢餓から救うために、活用されるべきテクノロジーであるわけです。しかし農業を例にとっても、地球では相変わらず、消費過剰と飢餓が同時に起こり、問題は解決されていないし、バランスは崩れたままです。20年前となんら変わっていません。

そこでわたしたちが当時気づいたのは、では、医療や農業の専門家のためではなく、コンシューマープロダクトのためにバイオテクノロジーを活かすと何が起こるか、ということでした。わたしたちは、再生医学を用いれば、個人が牛を育てずとも自宅で食用の肉片を育てたり、衣服のための皮革を育てることができるかもしれない、と考えたわけです。これは現在、グーグルをはじめさまざまな企業が巨額を投じて研究開発を進めている分野ですが、問題は山積していますし、完成には程遠いのです。

わたしたちは実際に肉片を供給するためではなく、この問題を芸術表現を通じて提起したいと考えました。多くの人々は、もはや、自分たちが口にしている肉や身につけている皮革がどこから来たのか、忘れています。他の生命の起源や、それらと人間の関係性を思い出させるために、わたしたちの芸術表現はあるのです。テクノロジーが解決してくれるだろうと考える前に、見直すべき問題は身近なところにたくさん転がっているわけで、わたしたち芸術家の使命とは、そういった問題の本質に気づくための視点を与え、生き方を問い直すことでもあると思います。

──このSemi-Livingのアイデアを最初に作品化した「Worry Doll」についても同じことが言えますね。「Worry Doll」とは名ばかりで、その姿形は、逆に不安を与えますが(笑)。

そう、やや気味が悪いかもしれませんね(笑)。「Worry Doll」とは、本来、グアテマラで伝統的につくられてきた小さな人形で、主に子どもがこの人形に心配事を打ち明け、枕の下に置いて眠ると、ぐっすり眠れるという、つまりは不安の身代わりであるとされています。しかし、この再生医学のテクノロジーを用いた人形は、不安を取り除いてくれるばかりか、逆に不安を与える装置です。でもそれこそが、わたしが作品に込めたメッセージです。皆さんがわたしの作品を見て不快に思い、そこから問題に気づいて欲しいんです。

「Semi-Living Worry Dolls」 この作品は、7つの人形をつかって7つ心配事をA〜Hまでの頭文字を当てて表現している。冒頭で紹介した人形は「fear of Hope(希望への畏れ)」を、AはAbsolute Truth(完璧なる真実)、BはBiotechnology(バイオテクノロジー)、CはCapitalism, Corporations(資本主義、企業)を心配事として表現している。Artwork by The Tissue Culture & Art Project (Oron Catts & Ionat Zurr)

──この人形に人工知能を埋め込んだら…と考えたことはありませんか?

人工知能を埋め込むというアイデアは、非常に面白いポイントです。この人形は、先ほどからお話しているようなテクノロジーのパラドックスをそのまま象徴しているわけですが、ここにA.I.が加わると、そのパラドックスはますます複雑になります。わたしの作品に「Meta Body」というものがありますが、つまりは、人間の身体を超えた身体という意味です。

人間の身体には、自身の細胞の約10倍ものバクテリアがいて、それが人間の身体をコントロールしているわけですが、身体を固体と捉えるのではなく、もっと流動的な存在であると捉えたとき、生命に対して、もっと柔軟なアプローチができるかもしれません。あるいは、人間という枠組みを超えて、生命を捉え、問い直すことができるかもしれない。ネイティヴアメリカンの人たちは、テクノロジーの進化よりもずっと昔から、こうしたメタ・ボディ的な考え方を持っていたと言われています。結局は、こうしたフォークロア的な思想に帰結するのかもしれないと考えると、非常に面白いですね。

──では最後に、あなたの活動のゴールを教えてください。

われわれ人間は歴史的に、他の生命のため、あるいは地球のためにテクノロジーを進化させてきたはずなのに、結局は、人間の利己的な発展のために活用してきてしまった。「Life」という言葉には、それひと言では表現し得ない複雑さやニュアンス、マニフェステーションがあるはずです。わたしは、自分の芸術活動を通じて、それをほかの人と共有し、考えたいと思っています。

「ICF 2015」関連記事

「バイオは自分には関係ないと思わないでほしい」林千晶(MITメディアラボ所長補佐):ICF 2015の見どころを語る
ネグロポンテ登壇決定! 都市の未来を描く「Innovative City Forum」

ORON CATTS | オロン・カッツ
西オーストラリア大学の解剖学・生理学・人間生物学科併設のバイオアート研究センター(The Centre of Excellence in Biological Arts)、SymbioticAのディレクターであり、2016年度からはロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート客員研究員としてコンスタブル・デザイン講座の教授を務める。アーティスト、デザイナー、研究者、キュレーターと多彩に活動するカッツは、1996年に発表したThe Tissue Culture & Art Projectにより、バイオアートの分野で評価を確立。00年にはSymbioticAの共同設立者となり、プリ・アルスエレクトロニカの創設時にハイブリッド・アート部門でゴールデン・ニカ賞(07年)を受賞している。ハーバード大学医学大学院で研究フェローを務める傍ら、カッツはスタンフォード大学芸術・芸術史学科の客員学者を兼務、12年にはヘルシンキ、アールト大学芸術・デザイン・建築学科内にバイオアートのラボを設立し、同大客員教授に就任した。カッツの手掛けるアイデアやプロジェクトは芸術の範疇にはとらわれず、その制作物はしばしば新素材やテキスタイル、デザイン、建築、倫理、フィクションあるいは食品など、多様な分野でインスピレーションの源泉として名前を挙げられる。作品はニューヨークのMoMA、東京の森美術館、リンツのアルスエレクトロニカ会場、ブリスベーンのGOMAをはじめ、各地で展示実績を持つ。PHOTOGRAPH COURTESY OF ARTISTTALK

ICFの前日には、未来の東京を考える「WIRED CITY 2015」10/13開催!

2020年に向けて、その先の未来に向けて、ぼくらはどんな東京を、そして社会をつくっていきたいのか。テクノロジーによる都市づくりの可能性を探る「NEW CODE」、”都市開発”を再定義する「NEW DEVELOPMENT」、新しい都市共同体のつくりかたを考える「NEW COMMUNITY」の3つの視点で未来の都市を考える1dayカンファレンスに、国内外から豪華スピーカーが集う。さらにスペシャルセッションとして、トラックメーカー・tofubeatsの登壇が決定! WIRED CITY 2015のために彼がつくった「未来のTOKYOのための音楽」を聴ける、ここだけのチャンスをお見逃しなく。詳細はこちらから。

TAG

ArtBioArtBiologyBiotechnologyFuture CityMoMAPeopleIndexRoyal College of ArtSynthetic Biology