「ワイスピ8」必死の監督探し、ヴィンと確執否定も前作監督続投なし。

写真拡大

ユニバーサルは現在、人気シリーズ第8弾となる「ワイルド・スピード8」に最適な監督を必死に探しているところのようだ。

同シリーズおなじみのジャスティン・リン監督と、前作「ワイルド・スピード SKY MISSION」のジェームズ・ワン監督が、共に次回作でメガホンを執るチャンスを断ったことで、ユニバーサル側は引き続き監督探しを続けていると発表した。

ユニバーサルの広報は、ワン監督がプロデューサー兼主演のヴィン・ディーゼルと一緒に仕事をするのが困難であるという理由から、新作への監督続投を拒否したという噂を一蹴した上で、「スタジオ側もスタッフ一同も『ワイルド・スピード SKY MISSION』でのジェームズとの仕事をとても気に入っていましたが、『死霊館2』とのスケジュールの兼ね合いにより、ジェームズが第8弾を手がけることは元から視野に入っていませんでした。弊社はこのシリーズの次のチャプターに向けて最適な監督を見つけるため、積極的に動いているところです」とコメントした。

また、先日はワン監督が「ワイルド・スピード SKY MISSION」の撮影を終える前から、「次回作に続投することはない」との意志をユニバーサル側に伝えていたと報じられていた。

ワン監督は、ポール・ウォーカーの悲劇の死を受けながらも同作を完成させなければいけなかったことや、ヴィンからの要求に応えることで激しいストレスを覚え、健康面にも影響が出ていたと、一部メディアに報じられた。しかし、ヴィンの広報側は、ヴィンが仕事をやりにくい相手だという報道は「まったくもって馬鹿げている」としており、ワン監督の広報側も撮影現場における両者間での衝突は一切なかったとしている。

そしてプロデューサーのニール・モリッツも「何か問題があったなら、8作目をヴィンと作っているということは明らかにあり得なかったでしょう」とコメントしていた。