Doctors Me(ドクターズミー)- 肌のお手入れは季節に適したものを!季節別のスキンケア方法について

写真拡大

夏場は日焼けによるダメージ、冬場は乾燥…といたように、その季節に適したスキンケアが必要になりますね。そのいっぽうで、季節の変わり目は、どのようなスキンケアが適しているのか、このことについて正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。日に日に温度や湿度が変わっていくと、体調そのものも崩れやすく、その変化はお肌へも悪影響となりがち。今回はこういった季節ごとに適したスキンケア方法を指南!

冬から春にかけて

春は気温が暖かくなり、気持ちのよい季節ではありますが、さまざまな肌トラブルが考えられます。

・要因1
急に温度が上がることで皮脂の分泌が盛んに

・要因2
冬のイベント(お正月や忘年会、新年会)による、胃腸への負担で引き起こされた肌トラブルを引きずる

・要因3
花粉による目のかゆみや鼻水、くしゃみなどに加えて、肌にアレルギー症状が出るケースも

・要因4
鼻のかみすぎや目のこすり過ぎによる物理的な肌トラブルも出やすくなります。

<春にかけての肌対策>
顔の乾きやすい部分の保湿や吹き出物の出やすい額やあごのケアなど、またアイクリームなどの使用といったパーツごとの細かいケアが必要です。

春から夏にかけて

この季節はやはり、紫外線ケアが大切になってくるでしょう。日焼け止めはもちろんのこと、つばの広い帽子や日傘などの紫外線防止グッズも積極的に活用しましょう。

また、汗や皮脂の分泌量が著しく増える時期ですので、肌の清潔を保つ、ということが他の季節以上に大切になってきます。また、オフィスと外の温度、湿度の大きな変化も肌にはストレスになります。エアコンは可能ならほどほどにし、極端な乾燥や夏の冷えを防ぎましょう。

夏から秋にかけて

秋は夏の肌の疲れの影響でシミなどが気になってきやすい時期。体や肌を夏の疲れから休めましょう。また、胃腸の調子はダイレクトに肌に影響してきますので、「食欲の秋」が「肌荒れの秋」にならないよう気をつけましょう。

秋から冬にかけて

冬はやはり乾燥対策が大切になってきます。暖房器具を使った室内は、本当にカラカラ。可能であれば加湿器などを用いて乾燥を防ぎましょう。室内に洗濯ものや濡れタオルを干す、といったことも効果があるようです。スキンケアは十分な保湿効果のある製品を使ってください。

医師からのアドバイス

どの季節もなかなか気を抜けないのがスキンケア。季節に合ったケアで年中つるつる肌のひとでいたいものですね。

(監修:Doctors Me 医師)