写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カプセルトイ『コップのフチ子』で知られる奇譚クラブが、初の展覧会となる「奇譚クラブ10周年展」を、東京・渋谷パルコにて12月11日から開催することが明らかになった。

本イベントは、奇譚クラブが9月25日で設立10周年を迎えることから企画された同社初の展覧会。会場では、この10年間で登場した全商品の展示が予定されている。また、イベントのメインビジュアルには、漫画家・タナカカツキ氏による完全描き下ろしの「コップのフチ子」を採用。ゴールドのワンピース姿に身を包み、月桂樹の冠をかぶったいつもよりゴージャスな「フチ子さん」に仕上がっている。会場限定商品、特別イベントなどは追って発表される。

奇譚クラブは、累計1,000万個を突破した生物フィギュアレーベル「ネイチャーテクニカラー」(現在は株式会社いきもんに分社化)をはじめ、『江頭2:50ストラップ』(累計100万個)や『土下座ストラップ』(累計300万個)、『くいとめるニャー』(累計300万個)などのカプセルトイを展開。中でもタナカカツキ氏と共同開発した『コップのフチ子』シリーズは累計販売1,000万個超えの大ヒットとなり、同社を代表する商品となっている。

(C)KITAN CLUB