[練習試合]U-18代表FW小川が進路先候補の磐田戦で得点、アジア予選は「自分の大会と言わせる」

写真拡大

[9.24 練習試合 U-18日本代表 3-0 磐田 ヤマハ]

 プロ入り濃厚の高校生FW小川航基(桐光学園高)が、今夏練習参加したジュビロ磐田を相手にゴールを奪い、エースの貫録を示した。

 10月2日に開幕するAFCU-19選手権予選に臨むU-18日本代表が24日にヤマハスタジアムでジュビロ磐田と練習試合(45分×2本)を行い、3-0で勝利した。同代表のエースストライカーである小川は、後半途中までプレー。前半15分に左CKをヘディングで合わせてゴールを奪うなど活躍。「(相手のマークを外す)チェックの動きを入れて、うまくいった。セットプレーの練習は最終合宿でやっていて、今日の午前練習でも結構やったので、この辺りにボールが来るなというのは分かっていたので、良いイメージを持っていたし、良い形で飛び込めたと思う。セットプレーは、重要。ここで点を取れれば大きな武器になる」と手ごたえを話した。

 180cmの長身でスピードもある小川は、同世代の目玉となる選手。ポストプレーによる組み立ても得点も得意とするストライカーで、多くのプロチームが進路に関心を寄せている。これまでに磐田、新潟、清水の練習に参加。「進路は悩んでいる途中で、まだ決めていない。自分が一番成長できるチームに行きたい。大学は、今は考えていない」と3チームを中心にプロ入りを考えている。

 磐田の担当記者に囲まれてチームの印象などを聞かれる中では「試合結果はいつも気にしている。クラブに対する印象は良い。日本人のストライカーを育てたい、自分を成長させたいと思ってくれているというのは、感じている」と中山雅史、高原直泰ら日本代表FWを育てて来たクラブに対する好印象を話した。ちょうど1か月後の10月24日には、所属する桐光学園が第94回全国高校サッカー選手権の神奈川県予選で初戦(準々決勝)が控えており、小川は「選手権予選の前には決めたい」と近いうちに決断を下す考えを明かした。

 今後の動向が気になるところだが、まずはAFC U-19選手権予選で本戦出場権を獲得することが先決だ。日本は4大会連続でU-20W杯出場を逃しており、5大会ぶりの出場権獲得を見据えた第1歩となる重要な大会となる。小川は「いよいよ本番という感じで、良い雰囲気になっている。甘くはないと思っているけど、全勝して突破したいと思っている。個人としても、ここ最近の大会でもゴールを決めている。このままの調子で、自分の大会と言わせるように、ゴールを量産できれば良いと思う」と強い意気込みを示した。プロになり、日本を代表とするストライカーになる――その意気込みを、まずはアジアの舞台で見せつける。

(取材・文 平野貴也)