死因の15.5%を占める心疾患 (shutterstock.com)

写真拡大

 1日に約10万回も収縮と拡張を繰り返しながら、ポンプのように全身に血液を送り出している心臓。冠動脈は、収縮したり、拡張したりする心臓の筋肉(心筋)に血液を休みなく送り込む血液循環の原動力だ。この冠動脈が動脈硬化などによって狭くなると、心筋に送り込む血液量が不足するため、胸の痛みや圧迫感を感じる狭心症を発症する。

 高血圧や高脂血症などが原因になって動脈硬化がさらに進むと、血管内にプラーク(脂肪などの固まり)が破れて血栓ができる。その結果、冠動脈が完全に詰まり、心筋に血液が行き届かなくなる心筋梗塞を引き起こす。

 心筋に血液が行き届かなければ、心筋は壊死(えし)、つまり細胞死する。壊死が大きくなると、心臓の収縮も拡張もができなくなるので、生命にかかわる危険な状態に陥る。

 狭心症も心筋梗塞も、冠動脈が狭くなったり、塞がったりして、心筋に血液が行き届かなくなることから、虚血性心疾患とか虚血性心臓病と呼ばれる。最近は、狭心症の中でも心筋梗塞に移行しやすい不安定狭心症といったり、心筋梗塞を合わせて急性冠症候群ともいう。

 厚生労働省「平成25年人口動態統計の概況」によると、心疾患の死亡者は19万6723人、死因の15.5%を占める。このうち、急性心筋梗塞が3万9956人(20.3%)、その他の虚血性疾患が3万4853人(17.7%)。性別では男性が9万1445人(13.9%)、女性が10万5278人(17.3%)。男女とも死因の第2位だ。

iPS細胞を用いた再生医療は?

 iPS細胞は、心筋細胞や内皮細胞などの細胞に分化する能力がある。この能力を用いてiPS細胞から分化させた心筋細胞や心筋細胞になる能力をもつ前駆細胞を患者に移植し、心筋梗塞に罹った心機能を回復させる研究が進んでいる。

 細胞移植は、どのように心機能を回復させるのか? 移植細胞が心筋細胞として元気に働けるようになったり、移植細胞がサイトカインという伝達物質を分泌し、心臓の組織の修復や血管の新生を促したりして、心機能を回復させる。現在、より効率よく安全なiPS細胞を用いた心筋再生移植治療の研究が国内外で取り組まれている。

 iPS細胞を用いた心筋再生移植治療は、どんな状況なのか?
 大阪大学の澤芳樹教授(心臓血管外科)と慶應義塾大学の福田恵一教授(医学部循環器内科)が進めている基礎研究や、京都大学の中辻憲夫教授らが取り組んでいるiPS細胞を心筋細胞に効率的に分化促進させる低分子化合物因子の発見などがある。

 福田教授は、iPS細胞から心筋細胞へ分化を活性化する物質を特定したうえで、心筋細胞を大量に増やす成長因子を解明。心筋細胞を高純度に精製する培養方法を開発したため、がん化のリスクをコントロールできた。免疫不全マウスの実験では、移植した心筋細胞は、がん化しないことが確認されている。

 澤教授は、心筋梗塞を起こさせたブタの心臓に、iPS細胞で作った心筋細胞の培養シートを貼りつけたところ、ブタの心機能が改善された。しかも、ブタの心臓にがんは発生せず、心筋細胞移植の安全性と有効性が再確認されている。文部科学省のiPS細胞研究ロードマップによると、この心筋細胞の培養シートによる心筋細胞移植は、早ければ3年以内に臨床研究に移行する見込みだ。

 一方、中辻教授らは、iPS細胞から作った心筋細胞に電気ショックを与えて、心筋細胞に不整脈の症状を起こさせることに成功。種々の薬剤を投与し、不整脈治療に寄与する低分子化合物因子も発見できた。今後は、頻脈性不整脈の病状と治療のメカニズムを解明したり、不整脈治療に使う新薬のスクリーニング(選別試験)に応用したりしながら、より品質が安定した安全性の高い治療法の開発に期待が高まっている。

 このように心筋細胞移植の仕組みの解明や創薬研究への活用などが進んでいるので、心筋梗塞の再生医療の前途は、とても明るい。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。