山中慎介、キャリア最後の4ラウンド ―― 12分間になる可能性は十分にあった。

 9月22日に行なわれたWBC世界バンタム級タイトルマッチで、王者・山中慎介(帝拳)と前WBA同級スーパー王者のアンセルモ・モレノ(パナマ)が激突。8ラウンド終了時のスコアは、ひとりが77-75、ふたりが76-76をつけ、モレノが優勢だった。

 試合1ヶ月前、山中のインタビューをしている時だった。偶然、住んでいる場所が近いことがわかると、「あの店、知っています? 美味しいですから行ってみてください」と、山中がある居酒屋をすすめてくれた。

 その後、インタビューは雑談へ。山中は不満を吐き出す口調ではなく、淡々と、「ボクサーではない人にはわかってもらえない感覚」について語り出した。

「早いラウンドで勝ったりすると、『この調子なら、あと何試合だってできますね』って言ってもらえたりするんです。でも、それはボクサーの感覚としてちょっと違う。1ラウンドでKOしようが、何ラウンドで勝とうが、ボクサーは試合が決まった日からトレーニングして、減量して、来る日に備える。その間、疲れがピークだったり、減量の関係で身体が動かない時期があって、スパーリングパートナーにボコボコにされたりした夜なんかは、不安に襲われるんです。『次は負けるかもしれない......』って。

 そんな不安や恐怖をも乗り越えて、リングに上がる。それは、想像を絶する世界というか、あと何度、この試練に耐えられるか......。今、32歳で、たぶん現役生活は5年と続かない。それ以前に、もし一度でも負けたら、モチベーションを維持できるか、正直わかりません」

 山中は、モレノとの一戦を「バンタム級の最強決戦」と断言した。モレノは、WBA世界バンタム級王座を12度防衛した実績を持ち、パンチが当たったと思った瞬間、もうそこにはいない卓越したディフェンス技術から、「亡霊」の異名を持つ。

 試合序盤から、上体の動きと右肩で攻撃をブロックするパナマから来た「L字ガード」の使い手は、まさに魔法のようなディフェンス力を披露した。攻防がハイレベルなことはわかっても、山中のパンチがなぜ空を切るのか、はた目にはわからない。ラウンド間に大型ディスプレイで流されるスロー映像を見て、まさに紙一重でモレノがパンチを意図的にかわしていることが初めて確認でき、感嘆の声が会場から上がった。

 4ラウンドまでのスコアは山中がリードしたものの、5ラウンド以降、モレノはギアを一段上げて手数を増やすと、8ラウンドを終えた時点のスコアは逆転した。

 9ラウンド、崖っぷちに立たされた山中は前に出る。ただそれは、モレノが望んだ試合展開。相手をいなすことにかけては、モレノに一日の長がある。右半身に集中したモレノのタトゥーがライトに照らされ、怪しく光る。一瞬の隙をつき、モレノの右フックが山中をとらえ、王者が一瞬棒立ちになった。

 試合前、山中は言っていた。

「防衛回数にはこだわっていない。ただ、モレノに勝てば、海外に最高のアピールになる。この試合に勝てば、必ずラスベガスへの道がつながるはず。勝つことによって、僕のボクサーとしての最終章が始まる気がします」

 最終章は、その幕を開ける前にエンディングを迎えてしまうのか......。その時、この日一番の「慎介コール」が会場に響いた。

 1ヶ月前のインタビューに時間を巻き戻したい。

 山中に、「その左拳に神が宿った瞬間は?」と聞くと、ひとしきり技術的な解説をしてくれた後、こう続けた。

「応援してくれた人に、『いい試合だったね』『すごいKOだったね』って言ってもらえるのが嬉しいんです。もちろん、自分のために戦っています。でも、何より応援してくれる人のために戦っている気がするんです。勝ち続けるうちに応援してくれる人がどんどん増えて、皆の想いに応えたい、この左で倒したい、と思いながらパンチを打つようになった時かもしれないです。もしも、この拳に神が宿った瞬間があるとしたら。

 いい人に思われたいわけじゃないし、うまくたとえられないんですけど、お気に入りの店を内緒にしておくより、どんどん紹介して、行ってくれた人に『あの店、美味しかったよ!』って言ってもらえると、僕は喜びを感じる。喜びをみんなで分けあいたい、というか......」

 またうまくたとえられなかったと、まるで照れ隠しのように、文頭の「あの店、知っています?」の会話につながった。

 10ラウンド、脳裏には9ラウンドの被弾がよぎったはず。それでも山中は、声援に押されるように前に出る。そして、ついに左ストレートが挑戦者をとらえ、今度はモレノがぐらつく。

 あとは、もはやカオス。山中は前進を続け、モレノはそれをかわし、いなし続けて11〜12ラウンドを終えた。判定は2-1(113-115、115-113、115-113)。わずかな差で山中が勝利した。

 試合後、帝拳ジムの本田会長は、次戦でWBA世界バンタム級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)との統一戦を軸に交渉を進める意向を発表。山中のアメリカ進出へ本腰を入れるつもりだ。

 9度目の防衛に成功した山中は胸を張った。

「最後までパンチが当たらない苦しい戦いだった。内容は満足いかないが、勝ったので次がある。期待しといてください」

 戦いの終わりは、新たな戦いの始まり――。この夜、山中慎介のボクシング人生・最終章が幕を開けた。

水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro