「自分の仕事は、(メンフィス・)デパイをしっかり止めることだったので、そこに関しては悪くなかったと思いますが、もちろん失点もしているし、ミスもありました。残念です」

 試合後のミックスゾーンで、サウサンプトンの吉田麻也は厳しい表情を浮かべながら、こうつぶやいた。

 9月20日に行なわれたマンチェスター・ユナイテッドとの一戦。2試合ぶりに先発に復帰した吉田は、対峙する左MFの「デパイ対策」として、4-2-3-1の右サイドバックに入った。

 前半はそのデパイをうまくマークしながら、守備の安定に貢献していた。オランダ代表ウィンガーのデパイがドリブルを仕掛けてきても、安易に飛び込まず、十分に間合いをとって対応。ドリブルが大きくなったところでボールを奪い、与えられた役割をしっかりとこなしていた。左サイドのタッチライン際に張るデパイを注視しながら、必要とあれば中央に絞って他のアタッカーをケアするなど、ポジションニングも的確だった。位置取りを押し上げてパスワークに参加することで、攻撃面でも寄与していた。

 ところが、たったひとつのミスで暗転してしまう。吉田の言う「ミス」とは、50分の場面。サイドの密集地帯でこぼれ球を拾うと、バックパスを選択。しかしパスが短くなり、敵の19歳FWアントニー・マルシャルにボールを奪われ、失点してしまった。ゴール後、思わず天を仰いだ吉田。試合は1-1で均衡していただけに、その後の流れを決定づける手痛い失点となった。

 結局、試合は2-3でサウサンプトンが敗戦。ロナルド・クーマン監督は「サッカーにミスはつきもの」と前置きした上で、「マンチェスター・Uのような強豪相手にあのようなミスが出てしまえば、勝利につなげるのは難しい」と話した。

 安定性や確実性が何よりも強く求められるディフェンダーというポジションにおいて、不用意なプレーは許されるものではない。しかし、そのミスの重みを誰よりも理解しているのも、また吉田である。

 自身の課題として、日本代表DFの口から何度も出ているのが、「集中力」と「詰めの甘さ」。そこを改善できれば、選手としてさらに成長できるという自負もある。実際、第3節のワトフォード戦後には次のように話していた。

「集中力を90分間通して保たなきゃいけない。自分が次のステップに行くには、とにもかくにも、そこだと思っています。やっぱりひとつのミスで、評価が大きく分かれるポジションなので、そこをいかに徹底できるか。そのなかで、ハイスタンダードのパフォーマンスをどれだけ出せるかだと思う」

 前任のマウリシオ・ポチェッティーノ監督時代には、一度のミスで「3カ月も試合に出られない」(吉田)という苦い経験をしているだけに、ミスの代償は吉田が一番理解している。それゆえ、試合後のミックスゾーンでは、自分自身に対してやり切れない怒りを感じているように見えた。

 とはいえ、不慣れなサイドバックとして起用されている吉田を擁護できる部分もある。選手層が決して厚くないサウサンプトンで、昨シーズンからサイドバックでの出場は格段に増えた。器用さを買われての起用で、今シーズンもその流れは変わっていない。

 特に手薄となっているのが、ナサニエル・クライン(イングランド代表)がリバプールに移籍した右サイドバックのポジション。夏の市場でセドリック・ソアレス(ポルトガル代表)とクコ・マルティナ(キュラソー代表)を加えたものの、「クーマン監督は(サイドバックの新戦力に)しっくりきてないみたい」(吉田)といい、彼らより「1対1の守備力」で優る日本代表DFを「急造サイドバック」とし、右サイドを任せる機会が増えているのだ。言い換えれば、クーマン監督が背番号3(吉田)の守備力を信頼している証(あかし)でもある。

 しかし、サウサンプトンに来るまでサイドバックを務めたことがなかった吉田は、体力的にも感覚的にも、まだ完全には適応しきれていない。体力をセーブしようと攻撃参加を自重し、プレー自体も「無難にこなす」ことを心がけているというが、当然、感覚的なところで経験の浅さが出てしまう。

 マンチェスター・U戦でのバックパスのミスは、言わばこうしたところで脆(もろ)さが表出してしまった部分がある。サイドバックを本職としていれば、センターバックのジョゼ・フォンテ(ポルトガル代表)の「GKへ戻せ」というジェスチャーを無視してでも、クリアを選択していたかもしれない。

 しかしながら、やはりDFは堅実性こそが最も重要な評価ポイントになってくる。英紙『インディペンデント』は両チームを通じて最低点となる4点(10点満点)を吉田につけたうえで、「不得意なポジションであるのが露呈された。罪深いミスでマルシャルに2点目を与えてしまった」と評価。4.5点をつけた英紙『デイリー・メール』も、「マルシャルの2点目は吉田によってもたらされた」と手厳しい。

「残りのシーズンで、自分のミスで失った勝ち点3を取り返せるように頑張ります」と吉田。周囲の厳しい声は、最高のパフォーマンスで跳ね返していくしかない。

田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke