「めちゃくちゃタフな毎日です。体の当たりも強いし、タイプが違う国がたくさんあって、これがアジアの戦いだと痛感しています。負けが続いても成長している手応えはあるので、前に進んでいくだけです」

 9月上旬、アジア選手権の前哨戦ともいえる台湾での国際親善試合、ジョーンズカップに参戦した日本代表。2勝6敗と勝ち切れない試合が続く中で司令塔の田臥勇太(リンク栃木ブレックス)は、厳しい現実から目を背けることなく、自分にできることは何かを探し続けていた。

 リオ五輪予選を兼ねたアジア選手権が、9月23日から中国・長沙にて開幕する。アジアからの出場枠は優勝国のひとつのみ。2〜4位までに入れば、来年開催される最終予選への道が開かれる。2007年以降、アジア選手権でベスト8前後と低迷している日本は「最終予選の切符獲得となるベスト4」を第一関門の目標として大会に臨む。

 2年目となった長谷川健志ヘッドコーチ体制のチーム作りは、これまでの日本に足りなかった「積極性と激しさを出す」ことからスタートしている。今年に入っては中国と東欧遠征に出向き、国内での強化試合ではチェコ代表と対戦、最終遠征のジョーンズカップまでチーム内で競わせ、闘争心を求めてきた。その改革を担う司令塔として招集されたのが、今年の10月で35歳になる田臥だ。

「日本の武器である速い展開をするには田臥のスピードとゲームメイクが必要。何より、バスケットボールに取り組む真摯な姿勢は若い選手のお手本になる」と長谷川HCは田臥のゲームコントロール力をチームの軸に据えている。

 田臥自身、日の丸を背負うのは2010年のアジア競技大会以来5年ぶり。オリンピックをかけたアジア選手権を戦うのは初めてのことだ。若い選手を牽引するリーダーに日本が目指すバスケットボールと、五輪切符獲得への思いを聞いた。

―― 大会直前のジョーンズカップでは勝ち切れない試合が続きましたが、この現状をどのように分析していますか?

「前半は流れがよくても後半になると相手がアジャストしてくるので、そのアジャストされたことを受けてのアジャストができませんでした。相手にアジャストすることと、前半にうまくいったことをいかにやり続けられるか。その両方をどれだけ徹底できるかが大事だと感じています。口で言うのは簡単なんですけど、ひとつのリバウンドだったり、ひとつのルーズボールだったり、ひとつのターンオーバーだったり、そういう積み重ねがジワジワと離された原因になりました。ひとつのプレーの重みを、海外の国とやると余計に感じます」

―― 過去のアジア選手権を見ても「勝ち切れない」のが日本。勝ち切るためには、何を突き詰めてやっていくべきでしょうか。

「たくさんあります。試合によっては相手のほうが気迫が上回っていて、単純に気持ちの部分で負けているのもあるし、リバウンドの跳び込みが甘かったり、跳び込んでいるのにその上をさらにいかれたりとか。リバウンドを取るためにはひとりでも多くペイント内に入り、相手を跳ばせないように徹底することですよね。そういうことを継続してやっていくことがキーだと思うし、やらなくてはいけません」

―― 課題はありますが、チームの形も見えてはきています。強化試合ではリバウンドに跳び込めた試合は走る展開も出てきています。徐々にチームになってきている手応えはありますか?

「それは感じています。まずは全員でディフェンスの足を動かして、少しでもプレッシャーをかけて相手を苦しめないといけません。それをいかに全員が集中力を持って体を張り、気持ちを込めてやれるかですよね。全員でリバウンドに跳んで、ボックスアウトをハードにする。それでも上から取られたらしかたない、というところまでは持っていきたい。それが、日本が勝てる方法だと思うんです」

 今年6月、5年ぶりに日本代表候補に名を連ねたとき、「この年齢になって自分が選ばれた意味を表現したい」と抱負を語った田臥。

 過去には2009年から2011年にも代表に招集されたが、2009年はNBAサマーリーグのミニキャンプに出場するために途中離脱。2011年は当時長く抱えていた足底筋膜炎が回復せずに辞退している。一度だけ日の丸をつけた2010年のアジア競技大会では、田臥を軸にすることで、速攻という特色が出せるチームになったことは確かだった(結果は16年ぶりの4位)。

 NBAやDリーグ(※)のユニフォームを勝ち取った経験に加え、ケガを克服して第一線に戻ってきた情熱、そして年齢を重ねても常に向上し続け、全力でプレーする姿勢こそが、今の日本に必要な存在なのだといえる。35歳を迎える今、田臥は日本代表で何を表現するのか。
※Dリーグ = NBAデベロップメントリーグ、NBAの育成組織のリーグ

―― あらためて聞きますが、「5年ぶりの代表候補」との発表を聞いたときは、率直にどんな思いがあったのですか。

「シーズン中の僕のプレーを見ての判断だと思うので、それを評価してもらえたことがうれしかったです。候補に入ったときは12人に残る戦いを勝ち抜かないと、と思っていたので、まずはそこが目標でした」

―― 2010年に出場したアジア競技大会から5年。もう一度、日の丸をつけたいと思ってプレーしていたのですか?

「思っていたのは、いつ代表に呼ばれてもいいように、どんなコーチに呼ばれてもそのコーチが作りたいバスケットに貢献できるように、今プレーしているブレックスでしっかりとスピードを生かしたパフォーマンスを出していきたいということです。今こうして代表のユニフォームを着て、アジアのトップチームと戦えることが本当にありがたくて、うれしくて。その分、責任とやりがいを感じています」

―― 長谷川ヘッドコーチも田臥選手も、強化合宿が始まったときから、「チーム内で競争する」ことを言い続けていましたが、競争があることの手応えをどう感じていますか?

「自分はずっと競争することを意識してやってきました。海外遠征でも、それぞれが試合に出たときに自分がチームにどう貢献できるか、ということを考えながらプレーしていたと思います。そうしないと代表チームでは生き残れないので、練習から自然とそういうムードになっていました。以前の代表より競争心があるチームになったと感じています」

―― 最年長で招集されても、「自分のポジションは確約されない」という覚悟のもとで挑んでいるということでしょうか?

「それはもちろんです。確約されているだなんて少しでも思ったら、ここまでやれなかったと思います。競争してポジションをつかむことの情熱と、代表チームに入りたいという情熱。このふたつを持って練習に挑んでいます。代表ならばそれが当たり前ですし、12人に選ばれた今も競争だと思ってやっています。自分は単純に誰にも負けたくないし、この競争が楽しいんですよ。それはもう、プレーヤーである以上はずっと変わらないと思います」

―― 最後にアジア選手権への目標を聞かせてください。

「僕はオリンピックをかけたアジア選手権の出場は初めてで、ずっと代表から離れていたのもあるし、この歳になって選ばれたというのもあるんですけど、あらためてオリンピックに出てみたいと本当に思っています。アジアの国々は以前よりアグレッシブになった印象を受けます。他の国はどんどん強くなっているので、日本はそれ以上のスピードで強化していかなければいけないということも同時に感じています。強くなるためにも、このアジア選手権で勝ちたい。ベストを尽くしてチームのために戦います」

小永吉陽子●取材・文 text by Konagayoshi Yoko