JPCERT/CCは9月24日、Adobe Flash Playerに複数の脆弱性があるとして、注意を呼びかけた。これら脆弱性を悪用されると、遠隔の第三者により、Adobe Flash Playerを不正終了されたり、任意のコードを実行されたりするおそれがあるという。

一方、Adobe Systemsは9月21日(現地時間)、CVE番号ベースで23件の脆弱性(CVE-2015-5567, CVE-2015-5568, CVE-2015-5570, CVE-2015-5571, CVE-2015-5572, CVE-2015-5573, CVE-2015-5574, CVE-2015-5575, CVE-2015-5576, CVE-2015-5577, CVE-2015-5578, CVE-2015-5579, CVE-2015-5580, CVE-2015-5581, CVE-2015-5582, CVE-2015-5584, CVE-2015-5587, CVE-2015-5588, CVE-2015-6676, CVE-2015-6677, CVE-2015-6678, CVE-2015-6679, CVE-2015-6682)を修正する「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを公開した。

対象となる製品とバージョンは以下のとおり。

・Adobe Flash Player 18.0.0.232 およびそれ以前のバージョン(Windows/Mac)
・Adobe Flash Player Extended Support Release 18.0.0.232 およびそれ以前のバージョン(Windows/Mac)
・Adobe Flash Player for Google Chrome 18.0.0.233およびそれ以前のバージョン(Windows, Macintosh, Linux and ChromeOS)
・Adobe Flash Player 11.2.202.508およびそれ以前のバージョン(Linux)
・AIR Desktop Runtime 18.0.0.199 およびそれ以前のバージョン
・AIR SDK and SDK & Compiler 18.0.0.199 およびそれ以前のバージョン

対策として、最新のバージョンに更新する必要がある。Adobe Flash Player for Windows and Macintoshの最新版は19.0.0.185となっている。

Adobe Flash Playerが標準で同梱されているWindows 8用Internet Explorer 10、Windows 8.1/10用Internet Explorer 11、Microsoft Edgeは、Windows Updateなどで最新のFlash Playerが更新プログラムとして提供される。

同様に、Flash Playerが標準で同梱されているGoogle Chromeでは、Google Chromeのアップデート時にAdobe Flash Playerが更新される。