遥かなるツール・ド・フランス 〜片山右京とTeamUKYOの挑戦〜
【連載・第75回】

 約1ヶ月間の夏休み期間を経て、シーズン後半戦がスタートした。毎週のように続くさまざまなレースで、TeamUKYOはどのような戦いを見せているのか。10月に行なわれるビッグイベントに向けてレースを転戦する選手たちの奮闘ぶりを振り返る。

 2015年のサイクルロードレースは、いよいよシーズン後半戦に入った。レースの本場欧州では、ブエルタ・ア・エスパーニャが閉幕して3大グランツールすべてが終了。残る大きなレースは、「落ち葉のクラシック」とも呼ばれるジロ・デ・ロンバルディアやパリ〜トゥール、今年はアメリカ合衆国で開催されるロードレース世界選手権などを残すのみとなった。

 日本では、7月末から夏休み期間に入っていた国内プロロードレースシリーズのJプロツアーが8月末から再開した。ここ数年の日本では常識となりつつある真夏の酷暑が落ち着き、嘘のように涼しくなった8月最終土日の29日と30日に、長野県宮田(みやだ)村でJプロツアー第14戦・みやだ高原ヒルクライムと、第15戦・みやだクリテリウムがそれぞれ行なわれた。

 この両レースに、TeamUKYOからはオスカル・プジョル、パブロ・ウルタスン、サルバドール・グアルディオラ、湊諒、窪木一茂、畑中勇介、土井雪広、山本隼の8名が参加。土曜のヒルクライムレースは、コース全長が10.7キロと短いものの、平均斜度は8.6パーセントと厳しい勾配のレイアウトだ。レース序盤から各チームの外国人勢がトップグループを構成したが、その中からプジョルが抜け出し、独走状態に持ち込んで今季Jプロツアー3勝目を挙げた。グアルディオラが4位でゴールし、湊が9位。また、それ以外のTeamUKYO勢も全選手が上位20位以内に入る高水準のレース内容だった。

 翌日のクリテリウムは、1周3.2キロの周回コースを公道に設営し、全10周で争われた。TeamUKYOからのエントリー8名は昨日とほぼ同様だが、山本に替わってこの日は平井栄一がスタートリストに名を連ねた。

 6月に全日本チャンピオンを獲得した窪木は、優勝候補の筆頭として各ライバルチームから徹底したマークを受けており、レースは窪木を含む数名が逃げ集団を構成した。勝負はその数名のスプリントバトルに持ち込まれたが、優勝を飾ったのはシマノレーシングの入部正太朗選手。窪木は2秒差の2位でゴールした。畑中が8位、ウルタスンが9位、グアルディオラ11位、平井15位、ウルタスン19位、土井26位で、それぞれポイントを獲得。チームランキングは総合トップを維持し、個人ランキングでも畑中が首位のルビーレッドジャージを守りきった。

 翌週の9月4日は、栃木県渡良瀬(わたらせ)遊水池で第16戦・JBCFタイムトライアルチャンピオンシップが行なわれた。ロードレースやクリテリウム、ヒルクライムなどと違い、このタイムトライアルの場合は選手1名ずつが一定の間隔をおいてスタートし、各自のフィニッシュタイムで順位を決定する。TeamUKYOからは、畑中、窪木、グアルディオラ、ウルタスン、プジョルの5名が参戦した。

 渡良瀬遊水池の規定コースを3周するこのレースは、増田成幸選手(宇都宮ブリッツェン)が優勝し、2014年全日本王者の佐野淳哉選手(那須ブラーゼン)が2位。TeamUKYO勢は、プジョルが3位で、畑中が7位、ウルタスン、グアルディオラ、窪木がそれぞれ9位、10位、11位という結果だった。

 チームは大量得点で年間ランキングトップの座をさらに固め、畑中は6月以来のルビーレッドジャージを守ったが、このレースで優勝した増田選手が個人ランキング2位につけて畑中まで約700ポイント差と、油断できないところまで迫っている。

 翌週は11日(金)から13日(日)まで、UCIレースのツール・ド・北海道が開催された。1987年以来、連綿と続くこの大会は、国際自転車競技連合(UCI)が定めるグレードで2クラスに分類されるステージレースだ。土井、窪木、平井、グアルディオラ、ウルタスンという陣容のTeamUKYOは、窪木をエースとしてこのレースに臨んだ。

 初日のステージではその窪木が4位でゴールし、まずまずのスタートとなったが、2日目のフィニッシュ直前でミスコースをした選手を窪木が追走してしまい、痛恨の遅れを喫してしまう。そこで、グアルディオラを急遽中心に据える体制を組み、土井たちが懸命にアシストとして動く。その結果、グアルディオラは2位。土井は9位、ウルタスン24位で終えた。アシストに徹した平井とレースに復帰した窪木も、それぞれゴールを果たした。

 最終日は窪木7位、グアルディオラが8位でゴールし、3日間の総合成績ではグアルディオラが3位表彰台を獲得した。

 9月後半以降も、レースは毎週のように開催されていく。9月27日には群馬サイクルスポーツセンターで、「輪翔旗」こと経済産業大臣旗を賭けたJプロツアー第19戦・JBCFロードチャンピオンシップが開催される。また、10月に入ると、日本で唯一の超級レースで国内最高峰に位置づけられるジャパンカップや、ツール・ド・フランスのオーガナイザー「A.C.O.」が運営するツール・ド・フランス埼玉クリテリウムなど、大きなイベントが毎週のように開催される。

 そこでしっかりと高いパフォーマンスを披露して、世界に向けて存在感を示しておくことは、今後のTeamUKYOの活動にとって非常に重要だといえるだろう。

(次回に続く)

西村章●構成・文 text by Nishimura Akira