高速道路や自動車専用道路でのオートバイの2人乗りが4月1日から解禁される。対象となるのは20歳以上で、免許取得から3年以上のライダー。ただし、首都高では環状線を中心に2人乗りによる都心への乗り入れはできない。警察庁は「急加速、急ブレーキ、急な進路変更をしないで、同乗者と一体となった安全運転を心がけてほしい」と呼びかけている。

 今回の道交法改正は、◆信号や対向車がない高速道路では、一般道より2輪車の事故率が低い、◆先進国で禁止されている国は少ない、◆オートバイの性能と安全性がアップした─などの背景からの見直しとなった。【了】

警視庁