VW(フォルクスワーゲン)と聞いて、私を含む日本人の多くが最初に想起するのは、ゴルフ(第64回参照)だろう。ゴルフに続いて日本でよく見かけるVWといえば、ひとまわり小さいポロである。

 今回取り上げるパサートは、日本で販売される乗用車型のVWでは、もっとも大きくて高級なセダン/ステーションワゴンだ。パサートも初代から40年以上の歴史があり、歴代モデルすべてが正規輸入されてきたから、それなりにポピュラーな輸入車ではある。

 ただ、日本でのVWは「大きすぎないハッチバック」というイメージが強く、パサートはどうしても日本で大量に売れる商品ではなかった。また、パサート級ともなると、サイズや価格では、ベンツビーエムなどの主力車種とオーバーラップする。この価格帯の輸入車は日本だと"高級ブランド品"という意味合いが強く、なんだかんだいっても大衆ブランドのVWは分が悪い。

 ところが! 2014年、パサートの世界販売数は約110万台で、なんとゴルフのそれよりも多かったという。つまり、昨年のパサートは「世界でもっともたくさん売れたVW」だったのだ。

 その大きな理由のひとつは、世界の主要市場で新型パサートが昨年発売されたこと。そしてもうひとつは、アメリカと中国という世界の二大市場では、ゴルフよりパサートのほうが圧倒的に人気が高いからだ。アメリカ大陸のスケール感ではゴルフなんぞは日本の軽自動車みたいもの(?)で、ファミリーカーとしては小さすぎる。そして、まだまだ「自動車=ステータスシンボル」の中国では、クルマは大きく豪華なほうが好まれる。

 パサートくらいの上級クラスになると、前方のクルマを追いやるくらいの迫力や押し出しのあるデザインが好まれるものだが、パサートは伝統的にあえて"控えめ"であることを独自のツボにしてきた。そうした伝統のデザインモチーフは新型でも健在で、全体に直線基調のデザインで、ヘッドライトも小さめのパサートは、写真では相変わらず控えめに見える。

 ただ、新型パサートの現物は、控えめとは正反対。とにかく高級感のオーラがすさまじい。ボディの折り目は手が切れそうなほどだし、なんのくすみもゆがみもなく周囲の景色を映しこむ高度な塗装品質にも驚く。外装の細部やインテリアなどの部品はもちろん大半が樹脂なのだが、いちいち本物の金属と見まがうほど精緻な輝き。実物のパサートは、もう、"イイモノ"フェロモンがムンムンでむせかえるほどなのだ。

 走りも、これ見よがしなスポーツ性はなくて、ある意味で控えめ......というか上品系だが、とにかく優等生。高速では路面から浮いて滑るごとくフラットに安定しているし、いわゆる"ダウンサイジングターボ"の1.4リッターは従来の2.5リッター級の性能をもつ。ダウンサイジングターボは各社ともまだ試行錯誤の時代なのか、同じような性能でも厳密な排気量はさまざまで、他社には1.6〜1.8リッターの例もある。排気量0.5リッターきざみで自動車税が決まる日本では、パサートは"1.5リッター未満"に分類されて、日本の税制でもドンピシャのお得感なのがまたニクい。

 さらに、レーダークルーズコントロールや車線キープシステムを組み合わせた"半自動運転"や話題のオートブレーキも、VWはこのパサートで勝負をかけてきた感じで、現時点ではお世辞ぬきで世界トップレベルのひとつ。しかも、パサートのエンジンルームは弟分のゴルフと共通のコンパクト設計。室内は身長180cm級の大男4人がダラーッとアシを投げ出して座れるくらいに広いし、今回のヴァリアント(=ステーションワゴン)のトランクもベンツビーエムの同クラスより明らかにドドーンと広い。

 このように、パサートは文句のつけようがない正論のカタマリである。この連載では少しばかり欠点があっても、それ以上に愛すべき一点突破のツボをもつクルマを取り上げることが多いのだが、パサートは良くも悪くも、そういう一芸グルマとは真逆の存在である。いやホント、特筆すべき一芸のツボを指摘できないのは、パサートの全身がツボだらけ......だからだ。そりゃあ、世界中で売れるわけだ。

佐野弘宗●取材・文 text by Sano Hiromune