SMAP中居正広が語った「自分の宝物」が泣けすぎると話題に 「中居クンらしい」「良い人すぎる」

写真拡大

19日夜に放送されたニッポン放送系の人気ラジオ番組『中居正広のSome girl' SMAP』で、SMAPの中居正広が「自分のお宝」についてコメント。その意外な内容が「泣ける」と視聴者の間で話題となっている。

この日のオープニングトークの中で「お宝」の話となると中居は、「そうでもないよ。野球選手からバットもらったとかはありますけど。そうでもない。写真だなー、俺」と、高価な美術品などは持っていないものの、「写真が宝物」であると紹介。「飾ってる写真はね、マイケルと一緒に撮った写真と、イチロー選手と松井選手に挟まれた写真と、あと、タモさん、さんまさん、瓶さん、たけしさんのファイブショット」「それと、ちょっと裏の方にね、俺と松本さんと、ハイロウズの甲本ヒロトの3ショットの写真があるんです」と各界の大物スターたちと撮った秘蔵写真があることを告白。
そうした上で「...あとパパの写真がちょっとね、飾ってあるわ。ちっちゃいの。パパの写真。ホントにね、プリクラみたいにちっちゃいの、飾ってるわ」と、そうした大物たちとの写真に並ぶ形で、今年2月に他界した父・正志さんの写真を飾っていることを告白。
そのため、これを聴いたリスナーからは「写真が宝物っていうのが中居くんらしいな」「パパの写真について話してるときの感じが泣けすぎて困る」「ダメや...ウルっときてもうたやないか」「中居くんめっちゃええ人やな...」といった声が相次いだ。

価値観は人それぞれ。それだけに、その宝物もまた、各人様々であると思うが、どうやら中居にとっては、どんな高級な美術品などよりも、写真に焼き付けられた1つ1つの場面の方が、宝物であると言えそうだ。

■参照リンク