コレステロールや中性脂肪が多いと体によくないという情報はあっても、「脂肪異常症」「高脂血症」ってどんなものと改めて聞かれても説明できない人も多いのでは?ここでは脂肪異常症・高脂血症がどんな病気か、予防法を含めて紹介します。

脂質異常症とはどんな病気?

脂質異常症はかつて高脂血症と呼ばれていました。血液中の脂質が多すぎるか少なすぎるか、いずれにせよ体内の脂質の数値が異常になっているのが脂質異常症です。自覚症状がほとんどないので気付きにくいことや、診断を受けたとしても自覚症状がでないため、なかなか治療する気になれないことが症状を悪化させます。しかし症状を放置しておくと心筋梗塞などの発作に見舞われるケースが多いので注意が必要です。

コレステロールのはたらきとは?

脂質には、LDL(悪玉)コレステロール、HDL(善玉)コレステロール、トリアシルグリセロール(中性脂肪)、リン脂質、糖脂質、ステロイドがあります。LDL(悪玉)コレステロールは体内で作られたコレステロールを体全体に運ぶ役割を、HDL(善玉)コレステロールは体の余分なコレステロールを回収して肝臓に戻し、血管壁についたコレステロールを取り除くはたらきを持ちます。悪玉、善玉ともどちらも体に必要ですが、HDL(善玉)コレステロールが減少すると動脈硬化になりやすい体になります。

脂質異常症を防ぐ食事と運動

トリアシルグリセロール(中性脂肪)は、糖質(炭水化物)や動物性脂肪から肝臓で作られる脂質です。多く摂り過ぎると皮下脂肪になって体に蓄積されます。そのため糖質や脂質は控えめに摂る必要があるのです。ケーキなど甘いお菓子やスナック類も中性脂肪が多く含まれるので要チェックです。一方、青魚にはLDL(悪玉)コレステロールを減少させる不飽和脂肪酸が含まれます。大豆や納大豆加工品などの植物性たんぱく質、野菜・果物、海藻類、キノコ類など食物繊維を多く含む食品も脂質を減少させる効果があります。
一方、運動不足、喫煙などは体内の善玉コレステロールを減少させてしまいます。生活習慣の改善も体内の脂質のバランスを左右するのです。


writer:松尾真佐代