会津のご当地クッキー「アイシングクッキー」。会津の名産品や名所が描かれている

写真拡大

“会津賑わい城下町”をコンセプトとする磐越自動車道・磐梯山サービスエリア(SA)下り線では、会津漆器や民芸品、銘菓など、会津の名産品を購入できる。中でもご当地の洋菓子「アイシングクッキー」(1個220円)は会津らしいお土産品として人気が高い。

【写真を見る】磐梯山SA内にあるショッピングセンターの磐梯山蔵市。同店オリジナルの箱があるので、バラ売り商品を自分好みにチョイスして購入できる

この商品は、赤べこや鶴ヶ城といった会津の名産品や名所が一つ一つに描かれた手作りのクッキー。ほんのりとした優しい甘さで、購入者は若い女性が中心だ。また、見た目のかわいさと珍しさからか“飾るため”に買う人も多いという。

なお、磐梯山SA下り線のショッピングセンター「磐梯山蔵市」では、アイシングクッキーのほかにも、高速道路では同店だけが取り扱っている「玉羊羹」(5個500円)や「かりんとうラスク」(2枚×4袋540円)などのバラ売り商品を販売。それらの商品を利用客が好みで購入できるように、会津木綿をモチーフにしたオリジナルの箱(小、大)を用意している。

磐梯山SAでかわいい菓子の詰め合わせを作って、大切な人へプレゼントしてみてはいかが。【東京ウォーカー】