ユベントスのポール・ポグバ【写真:Getty Images】

写真拡大

 イタリア・セリエA第5節が現地時間の23日に各地で開催された。今節では各地で“波乱”が生まれている。

 セリエA四連覇中の絶対王者ユベントスは今季ここまで1勝1分2敗と不調に喘いでいる。この日は昇格組のフロジノーネと対戦した。

 FWマリオ・マンジュキッチが負傷離脱したユベントスだが、代役のFWシモーネ・ザザが50分に先制点を奪う。MFファン・ギジェルモ・クアドラードのパスをバイタルエリアで受けるとダイレクトでミドルシュートを叩き込んだ。

 しかし、このまま順調に勝利できないのが今季のユベントス。試合終了間際にDFレオナルド・ブランシャールに値千金の同点弾を決められ、1-1とドローに終わった。この結果、フロジノーネはセリエA史上初となる勝点を獲得。ユベントスにとっては絶対に勝利がほしい一戦で悔しい結果となった。

 また、昨季2位のローマはサンプドリアに手痛い敗北を喫している。50分にFWエデルに今季6ゴール目となる先制点を決められると、69分にFWモハメド・サラーが同点とするも終盤にDFコンスタンティヌス・マノラスがオウンゴールを犯し1-2と敗北した。

 一方、ナポリはフロジノーネと同じく史上初のセリエA昇格を果たしたカルピと対戦した。終始ボールを支配したものの、実質的に5バックで守るカルピの守備を最後まで崩すことができずにスコアレスドローに終わっている。

 この結果、ローマは9位、ナポリは11位、ユベントスは13位に沈んでいる。なかなかビッグクラブが順当に勝てていない今季のセリエA。スクデット(セリエA優勝)レースは先が見えない展開となっている。

 セリエA第5節の結果一覧。

ウディネーゼ 2-3 ミラン
ラツィオ 2-0 ジェノア
パレルモ 0-1 サッスオーロ
サンプドリア 2-1 ローマ
ユベントス 1-1 フロジノーネ
インテル 1-0 エラス・ヴェローナ
カルピ 0-0 ナポリ
キエーヴォ 1-0 トリノ
フィオレンティーナ 2-0 ボローニャ
エンポリ対アタランタ(24日開催)

text by 編集部